躊躇しがちだけど「転職/退職」が転機に!?

男性個人投資家の初投資きっかけライフイベントTOP5

TAGS.
転職する際の“退職金”を原資に、投資に初挑戦した…という男性も少なくないようだ 写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

転職する際の“退職金”を原資に、投資に初挑戦した…という男性も少なくないようだ 写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

投資未経験者にとってはハードルが高い“投資”。「将来に不安を感じたから始めた」という声も聞くけれど、一体どんなタイミングで、何をきっかけに投資のスタートを切るのだろうか。投資をしたことのある30~50代男性会社員100人に調査した(協力:アイリサーチ)。

■あなたが投資を始めた年齢は?

平均:36.38歳
(最小値:20歳、最大値:57歳)

男性が投資を始める平均年齢は「35歳」。仕事では中堅の領域に足を踏み入れ、家庭を持つ男性も増え始めるこの頃に、貯金だけでなく“運用”を考え始める人が少なくないのかもしれない。投資を始めたきっかけとなった“ライフイベント”についても質問すると…。

■投資を始めたきっかけとなるライフイベントは?

(全6項目から単一回答)
1位 転職/退職 22.0%
1位 大きな臨時収入があった時 22.0%
3位 就職 18.0%
4位 子どもの誕生 5.0%
5位 結婚 4.0%

※番外
親の死 1.0%
その他 28.0%

「転職/退職」「大きな臨時収入があった時」が同率1位となった。なお、「その他」では、「投資に関する書籍を読んだこと」(33歳)、「マネー雑誌の影響」(54歳)と雑誌や書籍の影響を指摘する人や、「MBAを取得したから」(38歳)、「ファイナンシャルプランナーの資格を取得したから」(59歳)と自分のスキルアップをきっかけに投資を始める人が多いようだ。それぞれ選んだ理由は以下のとおり。

●1位 転職/退職
「転職で収入が減ったから」(40歳)
「転職で退職金が入ったので当時は景気も良く、父親も株をやっていたので証券会社の担当を紹介してもらった」(45歳)
「会社の都合で会社を辞めることになり、少しでも、資産を増やしたいと考え始めた時期だったため、株式投資を勉強して始めた」(48歳)

●1位 大きな臨時収入があった時
「宝くじに当たったから」(44歳)
「祖父からもらった株が数十倍になったので売った。その金で別の株を買って1カ月で売って数十万円もうけた」(59歳)

●3位 就職
「お金に余裕ができたから」(38歳)
「就職してゆとり資金ができたので」(50歳)
「金融を勉強するには、自身での投資経験は必要だと思った」(51歳)

●4位 子どもの誕生
「学資が必要だから」(56歳)
「教育資金として」(57歳)

●5位 結婚
「結婚して家族をもてばお金は必要だから」(42歳)

「お金にゆとりができたから」と答える人がいる一方で、「収入が減った」「(子どもの)学資が必要だから」「結婚でお金が必要だから」と、目的を持って投資を始める、というコメントも目立つ。また、「思ったよりもカンタンでした」(38歳)、「意外と気軽に始められた」(56歳)という感想もあった。

“投資”と聞くと身構えがちだけれど、社会人の2人に1人は転職するという昨今、意外と始める機会は多いのかも。「投資に興味があるけれど、始めるタイミングがわからない…」という人は、先輩たちの意見を参考にきっかけを探してみては?
(藤あまね)

関連記事