30~50代女性会社員100人が答えた「生声」

キャリアチェンジまで!? 女性会社員の投資で変わった“人生観”

投資がきっかけで、“正社員→派遣社員”というキャリアチェンジをする女性も! 写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

投資がきっかけで、“正社員→派遣社員”というキャリアチェンジをする女性も! 写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

近年、将来を考えて取り組む女性が増えているという“投資”。金融の知識や判断力など仕事にも役立つスキルが求められそうだが、投資の経験が仕事に対する考え方や働き方に変化をもたらすことはあるのだろうか? 投資経験のある30~50代女性会社員100人に調査した(協力:アイリサーチ)。

■投資を始めて、仕事の考え方や働き方は変わった?
・はい 23.0%
・いいえ 77.0%

全体の約8割は「変わったことはない」と回答。一方で、投資をしたことのある女性の5人に1人は、投資の経験が仕事への考え方や働き方に何らかの変化をもたらしたと考えているようだ。そんな女性たちの“変化”について詳しく教えてもらったところ、以下のようなコメントが寄せられた。

【“積極性”が増した】
「積極的になった」(36歳)
「積極性が増した」(38歳)

30代の女性たちから寄せられたのは、投資を始めて「積極的になった」という意見。個人投資となると、資産を何にどのように投資するか、最終的に自らが判断を下す。判断を重ねる経験は自信につながり、仕事への取り組み方も変わってくるのかも…。

【ニュースの見方が変わった】
「外貨や社会情勢などに目が向くようになった」(42歳)
「世界情勢や経済、政治に興味が出はじめた」(44歳)

また、経済だけではなく、政治・社会、国際関係など硬派なニュースにも注目するようになった、との声も寄せられた。投資にはもちろんだが、取引先との話題作りなど、ビジネスにも役立つ“変化”と言えそうだ。

【キャリアや働く目的が変わった】
「投資をするために働こうと思うようになった」(48歳)
「正社員で長く同じ職場に勤務するのではなく、その時々で、派遣社員での勤務に変えた」(54歳)
「本業を効率的に片付けて余った時間で株式などの勉強をするようになった」(56歳)

さらに、キャリアや働く目的などが変わったという女性のコメントも! 仕事以外にも力を入れて取り組めるものができることで、仕事の目的や働き方、キャリアを考え直す…という人は少なくないのかもしれない。

ビジネスシーンでも様々な副産物が生まれそうな“投資”。ただし、熱中するあまり「仕事に熱が入らなくなった」(43歳)、「仕事がおろそかになることがあった」(49歳)という意見もあったので、はまりすぎには要注意。バランスよく、計画性をもって取り組みたいものだ。
(藤あまね)