個人投資家の強い味方!

初心者でも分かる、会社四季報の読み方をマスターしよう

提供元:Soldie

TAGS.

Silhouettes of Business People in Office. Mixed media . Mixed media

はじめに

株式投資を始めたい人なら、まずは手に入れたいのが「会社四季報」です。

投資に必要な情報が、この一冊に凝縮されています。万年ベストセラーの四季報は、多くの投資家が参考にしており、発売日当日には、営業増益率のランキングで1位になった銘柄がストップ高になるなど影響力があります。しかし、せっかく手に入れても、会社四季報の情報をどう投資に活かして良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回は、会社四季報の基本的な読み方と四季報を活用して優良銘柄をどう探せば良いのかのポイントをお伝えします。

会社四季報とは?

四季報は、東洋経済新報社が発行しています。年4回(3、6、9、12月)の定期発行です。四季報の最大の特徴は、業界担当記者が取材によって、全上場銘柄約3800社の業績を独自に2期予想している点です。
個別銘柄が同じ定型フォームで掲載されており、銘柄間の比較がし易く、便利です。

どのような情報が載っているのか

上場企業の個別分析や各種ランキング、株主優待、REIT(不動産投資信託)やETF(上場投資信託)の情報が掲載されています。個別企業のページには、社名や特色、事業内容など基本情報や、業績記事・コメント、業績の数字、株主や役員、財務状況、株価チャート、株価指標など、投資情報が12のブロックに分かれて載っています。

優良銘柄を探すポイント

ここからは優良銘柄の探し方のポイントをお伝えします。

業績を確認する

会社四季報の中でまずチェックすべきは業績欄です。会社四季報の業績欄には、過去5期分の業績、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益と、当期、来期の業績予想、及び中間決算の数字が掲載されています。
まずはざっと眺めて、売上と利益が増加傾向にある企業を探します。

次に業績予想を確認します。今期、来期予想の売上と利益が順調に増加しているのか、チェックします。株価は将来の企業の成長性に対して動きますので、売上や利益の伸長がなければ株価の上昇はなかなか見込めません。

投資指標(PER、PBR、ROE)を確認する

いくつか銘柄を選んだら、次に投資指標を使って株価の割安度をチェックします。

まずはPER(株価収益率)です。企業の将来の評価である株価が足元の収益力の「何倍」であるかを表しています。一般的には15ー20倍が適正水準と言われ、15倍以下は割安、20倍以上は割高となります。PERは単独の数字というより、過去の推移や同業他社との比較をするのが有効です。四季報には2期分の「予想」PERと3期分平均の「実績」PERが掲載されており、割安か、割高かの判断が容易にできます。

次にPBR(純資産倍率)です。一般的にPBRが1倍以下の場合、割安と判断します。これは会社の解散価値である一株あたりの純資産より株価が下回っているからです。赤字が続いていたり、経営不安があったりする場合は割安とは言えず、注意が必要です。
ROEでも確認しましょう。ROEは企業の収益性を確認するための指標です。

日本の株式市場は外国人投資家の影響が大きい市場ですが、その彼らが重視しているのがROEです。8%以上が基準となります。四季報では実績ROEと予想ROEが掲載されています。

財務内容をチェックする

最後に財務の健全性をチェックします。「自己資本比率が高い」、「有利子負債が少ない」、「利益余剰金が潤沢にある」、などを確認しましょう。銘柄を絞り込んだら、最後に株価チャートで上昇トレンドを確認します。これらの条件を満たした銘柄は優良銘柄候補となります。

四季報の独自情報に注目

今度は、四季報独自の情報に注目してみます。業績記事・コメント欄は、四季報の記者による綿密なリサーチによって、その企業の現状と将来性が記事になっています。業績欄には特徴的な表現が使われており、四季報予想が会社予想より強気の場合は「会社営業益は過小」「保守的」など、会社予想より弱気の場合は「会社営業益は過大」「要努力」などがあります。内容によっては株価に影響を与えることもあります。

欄外に掲載されている「業績予想修正記号」は要チェックです。従来の営業利益予想に比べて予想が上方修正されると、株価が上昇する可能性が高まります。前号と比べて上方修正されていれば、上向きの矢印、下方修正なら下向きです。

ランキングにも注目です。過去には営業増益率ランキングでトップになった銘柄が、四季報発売日にストップ高となったこともあります。業績記事の内容と合わせて確認しましょう。

会社四季報オンライン、アプリ

投資家のバイブル「四季報」にはWeb版の会社四季報オンラインもあります。月額定額で四季報が読めるのはもちろんのこと、投資に役に立つ様々な情報を見ることができます。四季報発売前には有料会員限定ですが「速報!サプライズ銘柄」を先行配信しています。

「会社情報 株アプリ」に連携させれば最新の四季報や業績欄・材料欄の閲覧や会員限定のニュース、登録銘柄の同期など多様な機能が利用できます。外出先でも簡単に四季報がチェック出来るのは便利です。四季報は多くの投資家が参考にしており、その内容が株価に影響を与えることも少なくありません。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、使いこなせれば、これほど心強い味方はいません。これまでにお伝えした基本の読み方と銘柄選びのポイントを参考に、お宝銘柄を探し当てて下さい。

(著者:岡田 禎子)