「タラレバ女子」にならないために

恋愛も株式投資も行動あるのみ!

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

%e7%94%bb%e5%83%8f1

講談社から出版されている、30代女子に大人気のマンガ「東京タラレバ娘」をご存知でしょうか?
2015年に「an-anマンガ大賞」「FRaUマンガ大賞特別賞」を受賞している累計80万部のマンガで、30代独身女子の3人が主人公です。2017年にはドラマにもなっています。

この3人が集まりコーヒーやお酒を片手に話すことは、気づけば「あの時〜していたら今は〜なのに」「あの時〜していれば〜だった」という「タラ」と「レバ」ばかりだよね、という女子あるあるが満載のマンガなのです。

皆さんが、タラレバ女子にならぬよう、恋も投資も前に進むお手伝いができればと思います。

イマの外見や内面ばかりに目が行き、成長性や将来性を見る目がなく行動できない

こんな経験ありませんか?
優しくていい人なんだけど、服とかダサくて話もつまらない。仕事もあまりできなそう(できない)男からの猛烈アタック。結局その時はお断りしたけど、今では立派に仕事ができて部下にも慕われ、外見や内面もグレードアップ。極め付けはすでに結婚しているという事実。

時間が経ったイマだからこそ、「あの時〜してたら」と思うかもしれませんが、いくら時間を戻したとしても、相手の成長性や将来性を見る目はないから同じ選択をしてしまうのではないでしょうか?結局、この成長性や将来性を見る目を養うには、経験が必要なわけなのです。

相手が、「将来をどのように描いているか」、「仕事に対してどのようなイメージを持っているか」、「有言実行または不言実行するか」という点に着目すると、その人の成長性や将来性は見えてくるものです。普段から人を見る目を変えていかなくてはいけません。もちろん、その人が成し遂げてきた実績も重要な指標です。

株式投資でも、成長性や将来性は大事!実績は言わずもがな

実は、株式投資にも同じことが言えます。
企業ホームページのデザインやオフィスが格好良く、経営理念なども今風でしっかりしている企業。これはイマの外見や内面ですね。

その企業を見定める大事な点は、この企業の成長性はあるのか、業界の将来性はあるのか、業績が右肩上がりで実績を着実に積み上げてきているのか、という視点を持つことです。

この視点を磨くためには、本やセミナーなどで投資理論を勉強するだけだったり、ネット上の情報や他の投資家から聞くだけだったりでは決して身につきません。経験こそ、最大の学びなのです。インターネットが世の中を便利にしてくれた反面、情報が氾濫しているという現代では、情報を取捨選択し、経験をもとに行動することが求められるのです。

自分では動かず「告白」を待っているだけじゃダメ

歳を重ねるごとに、プライドが邪魔をしたり、フラれるのが怖くて恋に臆病になっていたりしませんか?

「好きって言ってくれたら付き合いたい。私から告白してフラれたら、恥ずかしいしショック」みたいに。実は、女性だけに限らず、男性にもこんな人が増えています。死語になりつつありますが、いわゆる「草食男子」です。リスクを恐れて行動できない人が多くなっているんです。

でも、失敗したっていいじゃないですか。自分が改善できる点を見つけ成長できるきっかけになるわけですし、次に巡り合う素敵な人への付き合い方に活かせるわけですから。

それにもし告白が成功したら、晴れて気になっている人と付き合えるのです。待っていてもなかなか告白してもらえないなら、思い切って自分から行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

願っているだけではなく行動せよ

恋愛でも株式投資でも、失敗が怖くて行動しない人が多いようです。人間なので、失敗が怖いのは当然ですが、一歩踏み出すことが大事です。

株式投資では、どんなにすばらしい銘柄予想をしていても、実際にお金を投じて株主にならないと、リターン(利益)を得ることはできません。
「絶対に上がると思ったのに、あの時買っておけばよかった」なんていっても後の祭り。失敗を恐れすぎていては何も始まりません。

失敗は成功のもと。初回でうまくいかなかったとしても、必ず経験は残ります。その経験を次に活かせば良いのです。願っているだけでなく行動することで、恋愛も投資も新たな扉が開けることでしょう。

最後に、ドイツの作家ゲーテの言葉を皆さんにお伝えして締めくくりたいと思います。
“知っているだけでは十分ではない。活用せよ。
願っているだけでは十分ではない。実行せよ。”

 

(著者:(株)Money&You代表取締役社長/マネーコンサルタント頼藤 太希)

関連記事