徹底解説!ロボアド比較

ライフイベントと最終目標を踏まえて提案!

【ロボアド】低コスト&プロの運用「SMART FOLIO」

TAGS.
「近年はネット上の情報量が膨大で、情報を能動的には見つけにいかない人が増えています。そのため、個々のニーズを踏まえた提案が必要になっており、ロボアドはそこに当てはまると考えられます」(東さん)

「近年はネット上の情報量が膨大で、情報を能動的には見つけにいかない人が増えています。そのため、個々のニーズを踏まえた提案が必要になっており、ロボアドはそこに当てはまると考えられます」(東さん)

質問に答えていくことで、ユーザーのリスク許容度に沿ったリスク許容度のポートフォリオを提案してくれるサービス「ロボアドバイザー(通称ロボアド)」。利用料が無料の提案型ロボアドも増え、投資を始める人にとっての大きな助けになってくれている。

今回は、長期的な投資目標の達成をサポートしてくれるロボアド「SMART FOLIO」について、同サービスを運営しているみずほ銀行個人コンサルティング推進部の東亜里紗さんに聞いた。

人生を見据えたポートフォリオを提案

「SMART FOLIO」を始める時には、まず年齢や運用目的、積立投資の意向など7つの質問に回答し、将来のライフイベントを想定しながら投資のゴールを設定していく。その過程を経ると、設定したゴールに到達するために最適な資産配分(ポートフォリオ)を提案してくれる。

「質問に答えていただくことで、リスク許容度を9段階で分析します。そして、投資のゴールを設定する『ゴールアプローチ分析』を、提案型ロボアドで採用しているのは『SMART FOLIO』だけ。なぜ資産形成する必要があるのか、考えていただくきっかけにしてもらいたいです」(東さん・以下同)

「ゴールアプローチ分析」では、投資を通じて形成したい目標金額に加えて、月々の積立額や結婚、住宅購入などのライフイベントで発生し得る出費を設定できる。そのすべてを加味した上で、モデルとなる理想的な資産配分と将来の推移グラフを提示してくれるのだ。

グラフ下部の青い四角が入金、赤い四角が出費を表している。年齢が上がるにつれてリスク許容度が低くなっていくところも、ユーザーの一生を考えているからこそ

 

グラフ下部の青い四角が入金、赤い四角が出費を表している。年齢が上がるにつれてリスク許容度が低くなっていくところも、ユーザーの一生を考えているからこそ

グラフ下部の青い四角が入金、赤い四角が出費を表している。年齢が上がるにつれてリスク許容度が低くなっていくところも、ユーザーの一生を考えているからこそ

ライフイベントごとにポートフォリオを組むサービスはあるが、「SMART FOLIO」のように人生を総合的に見て提案してくれるサービスは他にない。もちろんページ内で、ゴールの年齢や金額を細かく調整できる。

モデルとなる資産配分を基に、約180銘柄のなかから理想的な投資信託の組み合わせを提案してくれる。そのベースとなるのが、ノーロード(販売手数料無料)で信託報酬が平均0.61%の「i-mizuhoインデックスシリーズ」。低コストの投資信託をメインに組み立てられるため、当然全体のコストも抑えられるというわけだ。

購入は「ワンクリックオーダー」というボタンから一括で行えるため、銘柄を1つ1つ買っていく手間が省けるところもポイント。一括購入の場合は最低1万円、積立では最低1000円から始められる。

購入後の資産運用もサポート

「『SMART FOLIO』は提案型ロボアドですが、投資信託の購入を手助けするだけでなく、運用を開始してからのサポートも行います」

運用開始後、「SMARRT FOLIO」内の「投信ダッシュボード」というページを見ると、現在の評価金額や目標の達成率を見ることができる。「リバランス」のページでは、モデルの資産配分と現状の資産配分のギャップを確認でき、リバランス案も提案してもらえる。リバランス案に応じて、ワンクリックでの売り買いも可能だ。

評価額や目標達成率がシンプルに表示されるので、現状を把握しやすい「投信ダッシュボード」

評価額や目標達成率がシンプルに表示されるので、現状を把握しやすい「投信ダッシュボード」

「月末時点の目標額に対する達成率が95%未満もしくは105%以上になった時は、お知らせメールをお送りしています。同じメールでリスク許容度の変更や追加資金の投入など、対応策についてもアドバイスしているので、参考にしてもらえたらと思います」

例えば、モデルの資産配分と現状にギャップがあっても、目標達成率が100%であれば、現状維持でもいいかもしれない。逆に、モデルの資産配分でも95%を下回る場合もある。どう進めていくかという判断を、ユーザー自身が行いやすい仕組みが構築されているのだ。

ちなみに、「SMART FOLIO」のポートフォリオ試算や資産運用はみずほ第一フィナンシャルテクノロジーが担当している。

「国内最高水準の資産運用のプロたちが請け負っているので、信頼性は高いと自負しています」

NISA、iDeCoにも対応

現在、30代後半~40代を中心に、ユーザー数を伸ばしている「SMART FOLIO」。銀行が提供しているサービスだからこその特徴があるという。

「大きな特徴は、NISAやiDeCo(確定拠出年金)に対応しているところです。これらの制度を使えるロボアドは、現在はほとんどありません。これらの高レベルなサービスを低コストでお客様に提案できるのは、銀行という総合金融企業だからこそだと考えています」

2018年に開始するつみたてNISAにも対応する予定とのこと。運用益に対して税金のコストを節約できれば、その分の利益が多くなることは、初心者でも想像がつくこと。一部のロボアドにしかないサービスというところも驚きだ。

銀行が提供しているからこそ、低コストでさまざまな機能を利用できる「SMART FOLIO」。まずはサイトに飛び、体験版を使ってみてはいかがだろうか。

(有竹亮介/verb)

【SMART FOLIOのデータ】(2017年7月現在)
・サービス開始 :2015年10月
・利用者層   :30~40代中心

・サービスタイプ:提案型
・投資対象   :投資信託
・最低投資額  :1万円
・自動積立金  :1000円~
・手数料    :無料(※投資信託を保有・解約する際には、別途投資信託の手数料がかかります)

※記事の内容は2017年7月10日現在の情報です

(取材協力先・関連リンク)
SMART FOLIO
https://fund.www.mizuhobank.co.jp/webasp/mizuho-bk/simu/