証券リサーチセンター 高木伸行センター長× ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長 櫻井英明氏

アナリストレポート読み方講座を無料視聴!

TAGS.

 

%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e6%97%a5%e7%b5%8c%e8%ac%9b%e6%bc%94%e5%86%99%e7%9c%9f

企業IR&個人投資家応援イベント in 東京

去る9月9日に「企業IR&個人投資家応援イベント in 東京」(ラジオNIKKEI&プロネクサス共催)がヒューリック浅草橋ビルで開催されました。当日は、上場会社3社の経営者がストックウェザー「兜町カタリスト」編集長の櫻井英明さんと軽妙なやりとりを交えながら説明を行い、参加した約400名の投資家の方々が熱心にメモを取りながら耳を傾けている姿が印象的でした。

上場会社説明会のあと、証券リサーチセンターの高木伸行センター長が登壇され、「アナリストレポートの読み方講座」と題した特別講演が行われました。

「アナリストレポート」というと、やや難しそうな印象を受けるかもしれません。「アナリストレポート」とは、証券アナリストと呼ばれる企業分析のプロが上場会社の経営者に直接インタビューを行い、事業の強み・弱みや決算情報を分かり易く整理するとともに、アナリスト自身の独自の見解も加えて作成するレポートです。その企業を取り巻く業界の動きなどにも触れられることが多いので、幅広い知識も深まります。

櫻井英明さんも、「アナリストレポートが発行されている場合は目を通します。複数の会社から出ている場合は比べてみて会社の見方や理解を深めていきます。」という趣旨のお話をされていました。

アナリストレポートは宝の山

今回の講座では、アナリストレポートにはどのような情報が盛り込まれているのか、アナリストレポートの優れている点、読み方のポイントや入手方法などを大変わかりやすく解説して下さいました。櫻井英明さんからも鋭い質問やご自身の体験のお話があり、アナリストレポートは縁遠いものではなく、身近で参考になるものである、とのことでした。

今回この特別講座が開かれた理由を高木センター長は、「アナリストレポートは宝の山です。投資している会社にアナリストレポートが発行されていれば直近のものだけでなく過去に発行されたレポートとも比較してみてください。第三者がその会社に対してどのような印象を持っているのかがわかり、自分の考えと同じなのか、違っていればどこが違うのかを考えるだけでもその会社への理解を深められると思います。」と熱く語っておられました。

この特別講座はラジオNIKKEIのホームページからオンデマンドで来年3月まで聴くことができますので、ぜひ一度聴いてみてください。新しい世界が広がるかもしれません。

 

 

(東証・上場部)