2位の「仕事などでストレスがたまっているとき」を圧倒!?

20〜30代女性の“サイフのひもがゆるむとき”1位は…

TAGS.

お弁当を作ったり、街で買いたいモノを見かけてもグッとこらえたり、フリマアプリに出品したり…様々な方法で節約をしている人は多いはず。でも、「今日は使っちゃお!」と気が大きくなってしまう瞬間がたまにはあるのでは? そんな、女性が“サイフのひもがゆるんで出費がかさむ”のはどんなときか? 20~30代女性会社員に聞いてみた(全国の20代女性会社員226人、30代男性会社員208人に2017年10月インターネット調査 協力:ファストアスク)。

20~30代女性会社員“サイフのひもがゆるむとき”TOP10

(全14目から上位2つを選択。1位=2pt.、2位=1pt.で集計)

1位 レジャーに出かけたとき 310pt.
2位 仕事などでストレスがたまっているとき 242pt.
3位 お酒を飲んでいるとき 154pt.
4位 久々の友人と会ったとき 85pt.
5位 夏休み年末年始など、休暇を目前に控えているとき 82pt.
6位 大きな仕事がいち段落したとき 69pt.
7位 男性といるとき 41pt.
8位 家族といるとき 36pt.
8位 後輩といるとき 27pt.
10位 地元に帰ったとき 27pt.

参考
晴れているなど気候がよいとき 20pt.
SNSなどで友人の景気のいい話を見たとき 9pt.
その他 84pt.
特になし 42人

1位はダントツで、「レジャーに出かけたとき」。20~30代男性への同様の調査でも1位となっているほか、「夏休み年末年始など、休暇を目前に控えているとき」も5位にランクインしていることから、もはや“旅行=日本人のサイフのひもがゆるむとき“と言ってもいいのかも。2位には「仕事などでストレスがたまっているとき」が、3位には「お酒を飲んでいるとき」など納得のラインナップがランクインしている。それではTOP5それぞれの選んだ理由やエピソードも見てみよう。

【1位 レジャーに出かけたとき 310pt.】
「旅行や友人と少し遠出した時にまでケチケチしたくないから」(38歳・女性)
「雰囲気に飲まれ、不必要な買い物までしてしまう」(34歳・女性)
「遊園地など、めったに行かないとこ行くと少し高めでも子供が欲しがるものは買ってしまう。思い出にもなる」(34歳・女性)
「旅行先では『一期一会』『記念』などいろんな言い訳をしながらつい、大物を購入してしまう。すべてのものが『限定品』に見えてしまう」(33歳・女性)
「普段は買えないものが売っているため、思い出として買うことが多い」(27歳・女性)
「普段とは違うシチュエーションでそこでしか体験できない様な事が目の前にある時に使ってしまう!」(23歳・女性)

【2位 仕事などでストレスがたまっているとき 242pt.】
「一目惚れしたワンピース3万円、かなり高いけど奮発して買っちゃった。来月も仕事頑張ろう」(36歳・女性)
「仕事上、対人関係でストレスがたまったときに、ストレス発散したいと思った。飲み会では後輩に奢ったり、夜中まで起きて遊んでタクシーで帰ったり。しめて3万ほど使ってしまった」(35歳・女性)
「仕事で失敗した時など、反省を踏まえて勉強のために本を買ったり、しっかり見せるためやテンションを上げるためににいいスーツを買ったりした。一番出費に対する理由付けができるタイミングだと思う」(31歳・女性)
「節約がストレスになり給料が入った瞬間、即買い物をした」(29歳・女性)
「日常でイライラする事があったり仕事のストレスが溜まった時に使ってしまえ!ってなってしまう」(27歳・女性)

【3位 お酒を飲んでいるとき 193pt.】
「お酒を飲まない外食なら、金額を気にしてオーダーするが、飲みに行く際は気にせず使ってしまう。お酒の席は全体で割り勘にすることが多いため、1人でケチケチしてもしょうがないと気が大きくなりやすい」(36歳・女性)
「お酒の勢いで店の客の会計を全てカード払い」(30歳・女性)
「お酒を飲むといらないものも買ってしまう。覚めるとあれ?みたいになる」(30歳・女性)
「いつもけちだけど酒が入るとおごる」(26歳・女性)
「後輩と飲んでいて1軒目だけでは終わらず、2軒3軒と飲みに行ってしまった(3万円)」(30歳・女性)

【4位 久々の友人と会ったとき 85pt.】
「久しぶりの友達に会って、楽しくて気分が良いと使っちゃってもいいかなー思う」(36歳・女性)
「久しぶりに会う友だちだったので、おいしいステーキを食べようと、高級な店に行き、1人1万以上使った」(30歳・女性)
「久々に会った友人が結婚するのでそのお祝いに少し高めなレストランでディナーをした」(27歳・女性)
「友人と小旅行でお土産や移動費で5万円ほど使用してしまった」(27歳・女性)

【5位 夏休み年末年始など、休暇を目前に控えているとき 82pt.】
「仕事を頑張った自分へのご褒美」(39歳・女性)
「連休で旅行に行く前にワクワクしてショッピングセンターで衣類をまとめ買い」(35歳・女性)
「大型連休前になると、どうしても奮発してしまう」(27歳・女性)
「これから始まる長い連休にワクワクして、食事でも贅沢がしたいと思い、高級ケーキ800円くらいのものを買って食べた」(25歳・女性)
「連休に友達と会う約束をたくさん立てて少し遠出したときに使ってしまう」(23歳・女性)

ちなみに「その他」と答えた人は「彼氏とのデートで似合う服を見つけたらつい買ってあげたくなった(4万円)」(24歳・女性)、「ネットサーフィンしてたら色んな新商品の広告をみて、ブランドバッグや車を買い換えようかな(購入するなら店舗で)、と、誘惑に負けてしまう」なんて声も…。節約だけしていてもたしかに息が詰まってしまうもの。うまく「ゆるませて」心にも体にも財布にも優しい使い方をしたいものですね。
(志万俵)