美容グッズから外食までムダ遣い後悔の声が…

20~30代女性のムダ遣い…月平均2.1万円 !

TAGS.

Old empty wallet in the hands of women. Poverty concept.

ちょっとした買い物の積み重ねから、いわゆるドカ買いなど金額の多寡にも幅があるのがムダ遣い。印象論では女性の方が男性よりもしっかりしていそうだが、その分細々としたムダ遣いは多そうな気も…。女性のムダ遣いの実情を調べるべく、アンケート調査をしてみた(全国の20代女性会社員226人、30代女性会社員221人に2017年10月インターネット調査 協力:ファストアスク)。

あなたは月平均して、どれくらいムダ遣いをしていると思いますか?

平均 2万1185円

(参考)
最大値:40万円
「なし」または0円と回答:51人

20~30代女性会社員の平均ムダ遣い金額は、2万1185円という結果に。同様の調査を男性にした時の結果は、平均2万2410円、最大金額90万円だったことからも、男女で比較すると女性の方が節約傾向は強いようだ。ちなみに0円(または「なし」)と答えた“しっかり者さん”は51人。

それでは、ムダ遣いの自覚がある人はどんなムダ遣いをしているのか、みんなの声を聞いてみよう。

【お菓子・外食ムダ遣い】
「家に食べるものがあるのに、その時食べたいものなどを気分で購入してしまう」(27歳・女性)
「必要以上に外食をしたり、弁当を作らずにお昼を買ったりする」(28歳・女性)
「夕飯前に耐えられなくて買い食いしてしまう」(29歳・女性)
「やけ食い用のスイーツ類」(31歳・女性)
「コンビニで買うもの。飲み物、お菓子、お弁当」(36歳・女性)
「仕事帰りに寄り道しコーヒーショップに寄ったり、コンビニや100円均一でお菓子や飲み物を買う」(37歳・女性)
「ちょこちょこコンビニで買い食いすること外で飲み物を買うこと」(39歳・女性)

【ファッションムダ遣い】
「買い物に行って、買う予定じゃなかったものまで買ってしまったりとか」(26歳・女性)
「セール品のアクセサリーや、服など」(27歳・女性)
「イベントやデートのために服を買う、その後あまり着ないとか」(27歳・女性)
「服を衝動買いしてしまった」(28歳・女性)
「試着しないで買う洋服」(32歳・女性)

【趣味系ムダ遣い】
「ライブの遠征」(27歳・女性)
「ぬいぐるみやアニメグッズを大量に買い込んでしまう」(27歳・女性)
「ディズニーランドでお土産を買い過ぎる」(32歳・女性)
「買って満足するコンサートグッズ。袋から出してもなければ、そこいらへんに置きっぱなし」(37歳・女性)

男性と同様の部分も多いが、女性ならではのものも…。

【美容系ムダ遣い】
「美容にかけすぎ」(28歳・女性)
「エステを断れない」(31歳・女性)
「まだ使いかけがあるのに、新しいスキンケアを買ってしまう」(31歳・女性)
「化粧品 まだ残っているのに買う」(33歳・女性)

【買い貯め型ムダ遣い】
「後で使うものが安いと買いだめしてしまう」(23歳・女性)
「買わなくても我慢できるのに、プチプラだからとユニクロとかで買ってしまう」(27歳・女性)
「値引きセールしていた食料品をたくさん買ったのに結局腐りかけた時に食べる」(37歳・女性)
「まだあるものの予備としての購入」(35歳・女性)
「余分なサプリを買う」(37歳・女性)

【少しいいものに惹かれてムダ遣い】
「一番安いものではなく、少しいいものを買ってしまう」(24歳・女性)
「ちょっといいお菓子やお酒をついつい買ってしまう」(28歳・女性)
「少し高価なものを選ぶ。例えばちり紙でも安いのでなく質の良い高いものを選ぶ」(39歳・女性)

【衝動系ムダ遣い】
「財布のなかにお金があると欲しいものはすぐ買ってしまう」(23歳・女性)
「必要でないものでも目の前にしたら欲しくなって買ってしまう」(23歳・女性)
「衝動で服を買ってしまったり、お腹が空いてコンビニでお菓子やフード類を買ってしまう」(26歳・女性)

【合わせ技ムダ遣い】
「お洋服やお化粧品、美容系のもの。趣味にもたくさん使ってしまいます」(23歳・女性)
「仕事の休憩中に、ついお腹が空いておやつを買いに行ってしまったり、電車で行くほうが安いのについ車で高速を使ってしまうこと」(31歳・女性)
「お菓子やお酒をつい買い過ぎてしまう。洋服もいっぱい持っているのに新しいのを見つけると購入してしまう」(33歳・女性)
「タクシー。会社の近くの雑貨屋で小物購入。アマゾンでぽちり」(33歳・女性)
「気分によって使ってしまう飲食代と美容代」(36歳・女性)

などなど、様々なエピソードが集まった。男性の調査との比較で象徴的なのはやはり複数の理由を挙げる人が多いこと。ストレス解消などの目的もあるようだが、後悔の声も数多い。では、ムダ遣い防止策としてどんなことをしているのだろうか、も聞いていると…。

■ムダ遣いを防ぐためにしている対策はありますか?

(複数回答・「特になし」と答えた人を除く)

1位 ほしいものはすぐに買わず、時間を置いて考えてから買う 36.9%
2位 自炊している 28.3%
3位 必要最低限しか現金を持ち歩かない 28.1%
4位 家計簿などをつけて、支出の見える化をしている 22.2%
5位 貯金用と生活費用の口座や財布を分けている 16.3%
(参考)
6位 給与天引きで貯金し、自由に使える金額に制限をかける 13.9%
7位 1ヶ月おきに支出内容の振り返りをする 12.3%
その他 0.8%
特にやっていない 73人

1位は「ほしいものはすぐに買わず、時間を置いて考えてから買う」。たしかに衝動買いを防ぐには最適かもしれない。年間で考えれば約13万円にもなる自覚のある「ムダ遣い」。積立貯金や、積立投資をスタートさせれば将来の大きな一助になるはず。年末も近づいてきたこのタイミングで、改めてお金の遣い方を考えてみては?

(志万俵)