2018年こそは節約して貯金したい…

もうムダ遣いはしない! 2018年に女性が実現したい節約TOP10

TAGS.

pixta_14698076_s買ったはいいが1回も着ない服、つい食べてしまうお菓子…やめようと思ってもやめられないのがムダ遣い。でも、2018年こそは節約して貯金したいと願う人は少なくないはず。男性編に引き続き、今回は女性編。20~30代の社会人女性223人に、「2018年こそは実践したい節約」を聞いてみた。

2018年こそは実践したい節約TOP10

(上位3位まで回答。協力:ファストアスク)

1位 自炊を多くする 29.1%
2位 帰り道のスナック菓子などの買い食いを少なくする 22.0%
3位 ケータイ代を見直す 19.7%
4位 趣味関連の衝動買いを止める 18.8%
5位 高い服を衝動買いしないようにする 16.1%
6位 家計簿をつける 12.1%
7位 缶コーヒーなどの仕事の合間の飲食費を少なくする 11.2%
8位 水の出しっぱなしは止める 9.0%
9位 安めのランチにする 8.1%
10位 使ってないネットサービスを解約する 6.7%
10位 ATMの手数料を支払わないよう、銀行窓口を利用する 6.7%

他と差をつけて「自炊を多くする」が1位に。自分で作る習慣が身に付けば、食費をかなり節約できそうだ。また、「飲食費」に関する項目が上位にあるのは男性と同様だが、4位の「趣味関連の衝動買いを止める」や5位の「高い服を衝動買いしない」など、「衝動買い」についての項目も目立つ。それぞれを選んだ理由を5位まで抜粋してお届けしよう。

【1位 自炊を多くする 29.1%】
「外食に頼ってばかりだから」(34歳)
「一番改善できそうだから」(30歳)
「結婚して子供を持ちたい希望があるから」(31歳)
「そもそも料理も得意ではないので、それを克服する意味も込めて」(31歳)

【2位 帰り道のスナック菓子などの買い食いを少なくする 22.0%】
「お財布にも身体にも良くないから」(36歳)
「意外とお金を使っている気がする」(38歳)
「無駄だと思うし、なんとなく習慣になっているから」(30歳)
「健康にも良いし、節約にもなり一石二鳥だから」(29歳)

【3位 ケータイ代を見直す 19.7%】
「固定費を削減したいから」(27歳)
「家計を最も圧迫している項目だと思うから」(37歳)
「プランを見直せばもっとやすくなるので、これを機会に見直したい」(33歳)
「結婚を視野に入れて」(25歳)

【4位 趣味関連の衝動買いを止める 18.8%】
「貯金を気にしだした」(32歳)
「後で後悔することが多いから」(35歳)
「物を購入しても満足してしまって放置してしまうことが多いのでもったいない」(24歳)
「好きなものはつい欲しくなってしまい、メルカリなどで少しでも値引きされてると買ってしまう。あとはゲームの課金」(34歳)

【5位 高い服を衝動買いしないようにする 16.1%】
「ストレスで買ってしまうから!」(23歳)
「結婚式が控えてるため」(29歳)
「衝動買いをした着ない服が沢山あるから」(33歳)
「自分へのご褒美と称した衝動買いが多いから」(35歳)

男性のランキングでも3位だった「ケータイ代」はなんとか「見直したい」と考える人が多いようだ。また、「子供を持ちたい」「結婚を視野に入れて」、「結婚式が控えている」など、ライフステージを意識した声が目立ったのは、女性ならではなのかも? 2018年こそ次に進むための節約をしたいですね…。

(嶋野清明)