第55回宣伝会議賞に協賛

東証ETFのキャッチフレーズが決定!「余裕を持って、余裕を増やす。」

TAGS.

img_0678

宣伝会議賞 贈賞式

宣伝会議賞は、広告表現のアイデアをキャッチフレーズという形で応募いただく公募広告賞です。1962年にスタートした伝統ある広告賞であり、 「コピーライターの登竜門」と言われ糸井重里氏や林真理子氏らを輩出してきました。応募方法は、企業から出される「課題」に対して、キャッチフレーズあるいはCMコンテを作品として応募します。

第55回となる今回は応募総数45万8944点もの作品が集まりました。その中から四次審査を経て21点まで絞られたファイナリストが3月9日の贈賞式に集結しました。グランプリをはじめとする各賞は、贈賞式当日の会場で初めて発表されました。

%e7%ac%ac55%e5%9b%9e%e5%ae%a3%e4%bc%9d%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e8%b3%9e%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

栄えある第55回宣伝会議賞のグランプリは、クレディセゾンの課題で応募された林次郎さんのコピー「現金なんて、お金の無駄づかいだ。」が輝きました。

<受賞作品の詳細はこちら↓>

東証ETFのキャッチフレーズが決定!

東京証券取引所も第55回宣伝会議賞に協賛し、東証ETFに関するキャッチフレーズを募集しました。

  • 課題:ETFの魅力が伝わるキャッチフレーズ
  • 募集ジャンル:キャッチフレーズ、テレビCM

【当社課題】

ws000000

当社課題に4,017作品もの応募をいただきました。その中から協賛企業賞として1作品を選出しました。

その作品とは・・・

%e3%81%93%e3%81%b4%e3%83%bc

本作品は端的にETFの特徴が表現されており、言葉がリズムカルで記憶に残りやすい作品と思い、選出しました。また、語感から『長期投資』が想起される点も、我々の目指す方向性と合致しました。

この受賞コピーがキッカケとなり、多くの方にETFを知ってもらえけば嬉しく思います。当社課題にご応募いただいた皆さま、ありがとうございました。

活用事例

当社では、本キャッチフレーズを定着させるべく、様々な場面で活用しております。東証へ見学等でお越しになる際はぜひご覧ください。

%e5%9b%b31

また、宣伝会議賞で公募した作品を動画化し、東証ETFのプロモーション動画として活用しております。

“学芸会で子ども達が演じるロシア民謡『おおきなかぶ』にピンク色の新種の株が登場!株と投信の”いいとこどり”した「おいしいかぶ」ETFとは?”

 

(東証マネ部!編集部)