東証が従業員の皆様の将来に向けた資産形成のサポート

出張マネ部(講師派遣サービス)のご案内

TAGS.

pixta_35483745_m

本記事は企業において『社員向け研修』を担当されている方(人事部・総務部)向けの内容です。

 

はじめに

少子高齢化が進む中、「人生100年時代」を見据えて人生設計をするうえで、「お金」のことを自ら考える必要性が高まってきています。しかし、貯蓄はしているけど、投資(資産形成)はなんとなく怖くてやっていないという方は多いのではないでしょうか?

投資は損をすることもあるので、お金をそのまま貯めていたほうが確実に資産を増やせるのでは?という疑問を持つ方も。

そんな疑問に対する1つの答えが、下のグラフです。これは、1980年を起点に、毎月3万円を単純に積み立てた場合と、日経平均株価を買い続けた場合(積立投資)で比べたものです。

ig18_i積立投資は一時的に単純積立よりも資産が減ってしまうこともありましたが、それでも長い目で見たらそうした株価の下落を乗り越えており、最終的には複利効果もあって、単純積立の約1.36倍の金額まで資産が増えています。

東証、出張マネ部はじめました

資産形成へのニーズは高まってきてはいるものの、自発的に資産形成に取り組むのはなかなかハードルが高いのも確かです。また、従業員にとっては、会社の年金制度(確定拠出年金)や持株会を利用するのも1つですが、本業が忙しい中、全員がメリットを理解し、利用するのは難しいことです。

特に、人事部や総務部の方の声として、以下のような悩みが聞かれます。

  • 従業員の金融・経済に関する感度を高めたいが、研修を実施する機会が少ない。
  • 株式投資は、インサイダー取引が怖くて社員に勧められない。
  • 確定拠出年金(DC)を採用しているが、ベネフィットとして理解されていない。
  • DC、iDeCo等、最近よく見るが、メリットはあるの?NISA、つみたてNISAって何?という社員が多い。

そのような状況の中、東京証券取引所では、従業員の皆様の資産形成をサポートするため、公平・中立の立場から、金融・経済教育を担う東証社員を講師として派遣するサービス『出張マネ部』を実施しています。

出張マネ部 3つのポイント

①講師料は無料

交通費の実費のみ、ご負担をお願いする場合がございます。

②内容をカスタマイズできます

ニーズに合わせてオーダーメイドの内容で対応します。

③公正・中立

公平・中立の立場でお話するので、安心してご活用ください。

講義内容といたしましては、例えば以下のテーマを用意しており、所要時間は60分から90分程度で、資料説明後、質疑応答も実施しております。

・従業員の皆様のライフプランにおけるお金の活かし方
・DCやiDeCo制度の概要、利用する際のポイント
・NISA等の枠組み
・社員持株会導入のメリット

動画で解説!出張マネ部

お申し込みはこちら

下記のボタンより会社名やご連絡先をご記入のうえお申し込みください。

%e3%82%82%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%93%e3%81%bf%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3