徹底解説!ロボアド比較

現状と目標を入力するだけのシンプル診断!

【ロボアド】ゴールに合わせた投資プランを提案「ひまりんの資産運用シミュレーション」

TAGS.
01
「『ひまりんの資産運用シミュレーション』は、窓口で行員と対話する場合と同じくらい信頼感のあるサービスを目指し、より使いやすいように改良を重ねています」(渡辺さん)

いくつか質問に答えることで、個人のニーズやリスク許容度に合ったポートフォリオや投資信託を提示してくれるサービス「ロボアドバイザー(通称ロボアド)」。

今回は、具体的な目標に向けて、投資プランを提案してくれる「ひまりんの資産運用シミュレーション」について、同サービスを運営している千葉銀行営業支援部チャネル・サービス開発グループの渡辺祐一さんに聞いた。

具体的な目標を入力して投資シミュレーション

「投資経験がない人にとって、銀行の窓口で『どんな投資信託がいいですか?』と聞くのはハードルが高いと考え、ネット上で気軽にシミュレーションできる『ひまりんの資産運用シミュレーション』の開発に動き出しました。ちなみに、ひまりんは千葉銀行のオリジナルキャラクターです」(渡辺さん・以下同)

千葉銀行オリジナルキャラクター「ひまりん」 画像提供/千葉銀行
千葉銀行オリジナルキャラクター「ひまりん」 画像提供/千葉銀行

「ひまりんの資産運用シミュレーション」では、まず「○歳までに○万円貯める」という目標を設定する。「目標額」「現在の年齢」「目標の年齢」「初期投資金額」「毎月積立額」「ボーナス積立額」を入力していく。

現在の自分の状況を問うものだから、投資経験がなかったとしても、答えに迷うことはないだろう。目標額が定まっていない場合は、質問ページに表示される「結婚関連」「教育費」「住宅購入」などのアイコンをクリックすると、一般的に必要とされる金額が表示されるため、参考にするといいだろう。

やわらかなデザインで、親しみやすい「ひまりんの資産運用シミュレーション」。イラストも用いられていて、直感的に捉えられるところも魅力。 画像提供/千葉銀行
やわらかなデザインで、親しみやすい「ひまりんの資産運用シミュレーション」。イラストも用いられていて、直感的に捉えられるところも魅力。 画像提供/千葉銀行

金額や年齢の入力が終わると、投資に対する考え方を聞く質問が出てくる。なるべく元本割れしないよう安定的に運用したい場合は収益もリスクも低いもの、価額の振れ幅は大きくても高い運用益を期待したい場合は収益もリスクも高いものを選ぼう。

左側に行くほど安定的な運用重視、右側に行くほど積極的な運用重視の考え方になる。 画像提供/千葉銀行
左側に行くほど安定的な運用重視、右側に行くほど積極的な運用重視の考え方になる。 画像提供/千葉銀行

投資した場合の未来を折れ線グラフで表示

7つの質問に回答すると、目標額や投資額などから導き出したポートフォリオ(資産配分)が、円グラフで表示される。値下がりはもちろん、値上がりもしすぎないよう、効率よく運用できる年率が計算される。

例えば、10年間で400万円貯めるため、毎月3万円積立、年2回10万円をボーナス積立する場合、預金するだけでも目標額の近くまで貯められる。このような条件の時には、投資の考え方が“高収益・高リスク”だったとしても無理にリスクは取らず、安定的に運用できるプランが結果として出てくる。利益ではなく目標達成を念頭に置き、シミュレーションしてくれるのだ。

「『ひまりんの資産運用シミュレーション』は、経験豊富な投資信託アナリストの知見に基づく銘柄分析や資産運用コンサルティングサービスに定評のある三菱アセット・ブレインズの設計によるものです。投資のプロのアドバイスを、投資経験のない方でもわかりやすい形で届けるサービスになっています」

ポートフォリオ(円グラフ)は「国内株式」「外国株式」「国内債券」など、7種類の資産の配分比率を表している。この配分を参考に投資信託を購入すると、最適というわけだ。 画像提供/千葉銀行
ポートフォリオ(円グラフ)は「国内株式」「外国株式」「国内債券」など、7種類の資産の配分比率を表している。この配分を参考に投資信託を購入すると、最適というわけだ。 画像提供/千葉銀行

ポートフォリオの後には、最適プランで運用した場合の試算残高がグラフ形式で表示される。貯蓄した場合の推移も一緒に表示されるため、投資信託を運用することでどのくらい変化するか、視覚的に捉えることができる。

「積立でシミュレーションしてもらうと、長期的に運用することで元本割れのリスクが減ることを実感してもらえると思います」

目標額1000万円で、10年間毎月2万円積立など、無茶な条件でシミュレーションすると、ひまりんが「目標額を見直して」とストップをかけてくれる。 画像提供/千葉銀行
目標額1000万円で、10年間毎月2万円積立など、無茶な条件でシミュレーションすると、ひまりんが「目標額を見直して」とストップをかけてくれる。 画像提供/千葉銀行

診断ページの最後には、具体的にオススメの投資信託を提案してくれる。このサービスでは、購入時の手数料がかからないノーロード型、かつ日経平均株価やTOPIXといった指数と連動することを目指して運用されるインデックスファンド(三井住友トラスト・アセットマネジメントのSMTインデックスシリーズ)から、自分のプランに合うものがチョイスされる。インデックスファンドは運用コストが低く、値動きも指数と連動するため、初心者でも運用しやすいといえるだろう。

診断ページから千葉銀行のインターネットバンキングに移動し、ログインすると、提案された投資信託を購入することもできる。ネット上で完結するスピード感も、魅力の一つだろう。

画像提供/千葉銀行
画像提供/千葉銀行

長期投資のメリットを感じやすい設計

「『ひまりんの資産運用シミュレーション』は、積立投資のシミュレーションがしやすいので、長期運用のメリットを感じてもらいやすいと思います」

積立投資は、長期で運用してこそ利益が出やすくなるもの。20~40代の資産形成層にとっては、見逃せない運用法の一つだ。

「スマートフォンやタブレットなど、縦画面でも見やすく表示されるように設計しています。これからさらに使いやすさを追求しながら、投資についての知識を提供できるコンテンツを増やしていこうと考えています」

現状や目標さえわかっていれば、すぐにでも未来を垣間見ることができる「ひまりんの資産運用シミュレーション」。やわらかいデザインで親しみを感じることから、投資を考え中の人もまずは一度シミュレーションして、積立額などを検討してみては?
(有竹亮介/verb)
【ひまりんの資産運用シミュレーションのデータ】(2018年5月現在)
・サービス開始 :2017年4月3日
・利用者層   :20~40代
・サービスタイプ:提案型
・投資対象   :投資信託
・最低投資額  :1000円~
・手数料    :無料(投資信託に係る手数料は別途必要)

※記事の内容は2018年5月現在の情報です