徹底解説!ロボアド比較

ワンクリックで投資信託の購入を取次

【ロボアド】第三者視点でノーロードの投資信託を提案「VESTA」

TAGS.
「お客様からの投資信託の注文を取り次ぎ、証券会社などから業務委託手数料をいただくという、お客様に負担をかけない仕組みを確立することで、『VESTA』の無料提供を実現しました」(清水さん)
「お客様からの投資信託の注文を取り次ぎ、証券会社などから業務委託手数料をいただくという、お客様に負担をかけない仕組みを確立することで、『VESTA』の無料提供を実現しました」(清水さん)

いくつかの質問に答えることで、ニーズに合ったポートフォリオや投資信託を提案してくれる「ロボアドバイザー(通称ロボアド)」。

今回は、アドバイス無料の提案型ロボアドでありながら、証券会社の投資口座と連携することで投資信託の売買までをスムーズに行える仕組みの「VESTA(ベスタ)」について、同サービスを運営しているGood Moneyger代表取締役の清水俊博さんに聞いた。

口座開設のための質問からリスク許容度を診断

「もともと私たちは、カードゲームやボードゲームを通じて金融知識を学べる場を提供する会社としてGood Moneygerを立ち上げました。その事業の中で、お客様から『体感的に金融理論がわかったら、次は何を買えばいい?』という質問をいただくようになり、『VESTA』の開発に踏み出しました」(清水さん・以下同)

「VESTA」は提案型。診断で導き出されたポートフォリオをもとに発注することで、連携する証券会社経由で投資信託を購入することができるサービスだ。運営しているGood Moneygerは金融機関ではないため、証券口座は楽天証券のものを使用する。

サービス利用開始時に楽天証券の口座を持っていない場合は、VESTAの登録、楽天証券の口座(IFA口座)開設の申し込みからスタートする。無料で登録や口座開設ができるため、投資を始めるか迷っている段階だったとしても試すことができる。

すでに楽天証券に口座を持っている人は、VESTAが使える楽天証券口座(IFA口座)に変更する必要がある。なお、IFA口座による取引は「IFA取扱口座専用手数料」が適用されるので、楽天証券のウェブサイトでよく確認しておこう。

口座開設の申し込みの際に、「投資目的」や「投資経験」「興味のある商品」「現在の金融資産額」など7つの質問によるアンケートに回答する。「VESTA」ではこの回答から、リスク許容度を判定し、提案するポートフォリオを組んでいく。

なお、VESTAのアドバイスを受けるだけであればコンサルティング費用は無料。その理由は、提携している証券会社から業務委託手数料をもらう仕組みになっているからだ。

画像提供/Good Moneyger
画像提供/Good Moneyger

相場動向をもとに、具体的な商品を提案

楽天証券の口座開設が完了し、入金すると、「VESTA」トップページに、口座に入っている資産合計額が表示される。

「アドバイス」のページに飛ぶと、現在の世の中全体の景気が折れ線グラフのどの位置に当たるか、示してくれる。初心者でもわかりやすいよう、上り調子のときは「春」、好景気は「夏」、下がり調子のときは「秋」、不景気は「冬」と、四季に当てはめて解説している。

グラフの下には、AIなどで膨大なデータを解析して相場動向を解説するレポートも用意されている。より詳しく現状を知りたい場合は、活用するといいだろう。

「アドバイス」ページを下にスクロールすると、診断から導き出された「オススメ投資プラン」が表示される。5段階に分かれたリスク許容度に応じて、過去18年間の推移が見られる。リスクを高くすると資産が大きく増える可能性が高くなることがわかるが、当然、反対に資産が大きく減る可能性も高くなる。

「オススメ投資プラン」の下には、より具体的に金融商品やその構成を提案してくれる「あなたのオススメ投資ポートフォリオ」が掲載される。「VESTA」では、低コストで分散投資しやすいノーロード(販売手数料がゼロ)のインデックス型投資信託が提案される。

さらに、オススメ投資信託が具体的に提案された後、その全銘柄をワンクリックで購入できる。わざわざ楽天証券のサイトに飛び、銘柄を探す手間はないが、投資一任型のロボアドとは異なり、自分で発注しなければならない。なお、「VESTA」での運用は、最低20万円を楽天証券のIFA口座に入金してからとなる。

「私たちは証券会社ではないので、すべての金融商品に対してフラットな立場で向き合えます。そのため、お客様がもっとも効率的に運用できる投資信託を、提案できるところも強みです」

ちなみに、運用を開始してからも、アドバイスの対象や取引の対象となる金額や銘柄を変更することは可能。再度アンケートに答えることで、そのときに最適なプランやポートフォリオが提案されるため、取引をする際の参考になる。

直接相談できる対人サポートも充実

「VESTA」で投資信託を購入後、市場が暴落しそうなサインを感知した場合はいち早くメールなどで知らせてくれるため、その際に商品の売買を検討することもできる。

「『VESTA』はロボアドですが、対面でのコンサルティングも重視し、電話やメールでの相談にも対応しています。不明点を明らかにしながら、解決に導いていきます」

問い合わせ用の専用チャットも用意されている。マイページの右下に現れるキャラクター・ベスタくんのアイコンをクリックすると、チャット画面が立ち上がる。ここで質問を送信すると、ベスタくんが質問に答えてくれる。

「30代後半を中心に、資産形成層の方々に多く使ってもらっています。サイト全体を洗練させ、必要な情報だけをさらにわかりやすく伝えられるサービスを目指しているところです。金融教育のノウハウを生かし、投資の勉強になるようなコンテンツもプラスしていけたらと考えています」

近日中には、「つみたてNISA」にも対応する予定とのこと。「つみたてNISA」を活用できるロボアドは珍しく、初心者が少額から無理なく投資を始められる環境が整うことになる。

第三者目線で提案されたポートフォリオや投資信託をすぐに購入でき、運用してもらえるサービスは、投資初心者には頼もしい存在。まずは、診断するところから始めてみては?
(有竹亮介/verb)

【VESTAのデータ】(2018年5月現在)
・サービス開始 :2016年12月
・利用者層   :20~40代
・サービスタイプ:提案型(提携証券会社への注文取次が可能)
・投資対象   :投資信託(ノーロードのインデックス型)
・最低投資額  :20万円~(近日開始予定の「つみたてNISA」向けサービスは1000円から投資可能となる予定)
・自動積立金  :自動積立機能なし(近日「つみたてNISA」対応予定)
・手数料    :無料(投資信託に係る手数料は別途必要)

※記事の内容は2018年5月現在の情報です