プロが語る!資産形成のすゝめ

いろいろあるぞ日本株指数

日本株指数の種類と選び方

提供元:アセットマネジメントOne

TAGS.

pixta_565871_m

ETFに欠かせない存在、指数


ETFが連動対象としている指数には、国内株、外国債券など様々な資産を対象とした指数が存在します。なかでも、「現在の日経平均株価は○○円・・・」などとニュースで放送されることもある日本株指数はとても身近なものです。しかし、いざETFに投資するとなるとどの指数を選ぶか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。そこで今回は、日本株指数にはどのような種類があるのかを、ETFの連動対象となっている指数を中心に紹介します。

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88amone

日本株指数には上の表のように様々な種類があります。

まず、日本の株式市場の動きを表す代表的な指数として「東証株価指数(TOPIX)」と「日経平均株価」があげられます。「東証株価指数(TOPIX)」は東京証券取引所の第1部(以下、東証第1部)に上場している全銘柄の時価総額の合計を指数化した株価指数です。「日経平均株価」は、東証第1部に上場している銘柄から代表的な225銘柄を選び、その225銘柄の平均株価を指数としています。いずれもポピュラーな指数であり、値動きを初めとした指数に関する情報が他の指数に比べ入手しやすい点が魅力です。「日経平均株価」に連動するETFは、純資産額が国内ETFの45%程度を占めており(2017年2月末現在)、特に人気の高い商品となっています。

規模別の指数は対象とする株式の規模で分けた指数です。大型株を対象とした指数として「TOPIX Core30」が、小型株を対象とした指数として「ラッセル野村小型コア・インデックス」が挙げられます。2017年3月13日より、ROE(自己資本利益率)や営業利益などを基準に選別された中小型株から構成される「JPX日経中小型株指数」の公表も始まりました。

投資コンセプトで選ぶ


業種別の指数として、東証第1部に上場している銘柄を食品、金融、素材・化学など17の業種に区分し、それぞれの業種を対象とした「TOPIX-17シリーズ」という指数があります。業界動向に詳しい、この業界に興味がある、など投資したい業界が定まっている方には魅力的な指数ではないでしょうか。

特定の切り口に基づいて構成銘柄が決定されるテーマ別指数というものもあります。企業のROE(自己資本利益率)や営業利益などを基準に銘柄選別を行う「JPX日経インデックス400」、予想配当利回りの高い株式を組み入れる「野村日本株高配当70」などがあげられます。企業を見る上で特定の切り口に興味のある方は、このようなテーマ別指数に目を向けてみると良いのではないでしょうか。

レバレッジ型指数・インバース型指数


特定の指数の倍の値動きや、逆の値動きをする指数もあります。レバレッジ型指数・インバース型指数と呼ばれるものです。値動きが、対象指数の2倍となる「レバレッジ型」、指数とは逆方向となる「インバース型」、逆方向に2倍の動きをする「ダブルインバース型」の3種類があります。値動きが激しいことなどから長期投資にはあまり向いていませんが、比較的短期間での投資を行いたい場合や、市場下落局面を見込む場合などの選択肢としてあげられます。

このように日本株指数には沢山の選択肢がありますので、興味・ニーズに合わせてご自分に合うものを探してみてください。なお、ご自身で投資するETFを決める際には投資目的や投資リスク等に応じてお選びください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※指数のディスクレーマーについては下記をご参照ください。
野村日本株高配当70の知的財産権およびその他一切の権利は野村證券株式会社に帰属します。なお、野村證券株式会社は、対象指数の正確性、完全性、信頼性、有用性、市場性、商品性および適合性を保証するものではなく、対象指数を用いて行われる当社およびその関連会社の事業活動・サービスに関し一切責任を負いません。
ラッセル野村小型コア・インデックスの知的財産権およびその他一切の権利は野村證券株式会社及びFrank Russell Companyに帰属します。なお、野村證券株式会社及びFrank Russell Companyは、対象指数の正確性、完全性、信頼性、有用性、市場性、商品性および適合性を保証するものではなく、対象指数を用いて行われる当社およびその関連会社の事業活動・サービスに関し一切責任を負いません。
JPX/S&P 設備・人材投資指数(「当インデックス」)はS&P Dow Jones Indices LLC(「SPDJI」)、株式会社日本取引所グループ(「JPX」)および株式会社東京証券取引所(「東証」)の商品であり、当インデックスに係る知的財産権は、SPDJI、JPXおよび東証に帰属します。Standard & Poor’s®およびS&P®はStandard & Poor’s Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®はDow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標であり、これらの商標を利用するライセンスがSPDJIに付与されています。
東証株価指数(TOPIX)等、株式会社東京証券取引所(東証)が算出する株価指数に係る知的財産権は、東証に帰属します。
日経平均株価、日経平均レバレッジ・インデックス、日経平均インバース・インデックス、日経平均ダブルインバース・インデックスに関する著作権並びに「日経」及び日経平均株価、日経平均レバレッジ・インデックス、日経平均インバース・インデックス、日経平均ダブルインバース・インデックスの表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属する。
JPX日経インデックス400、JPX日経400レバレッジ・インデックス、JPX日経400インバース・インデックス、JPX日経400ダブルインバース・インデックスは、株式会社日本取引所グループ、株式会社東京証券取引所及び株式会社日本経済新聞社の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数に関するすべての権利は、当該3社に帰属する。
JPX日経中小型株指数は、株式会社東京証券取引所及び株式会社日本経済新聞社の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数に関するすべての権利は、当該2社に帰属する。

関連記事