プロが語る!資産形成のすゝめ

企業から株主へのプレゼント

ワクワク楽しい株主優待

提供元:マネックス証券

TAGS.

pixta_36552826_m

ワクワク楽しい株主優待

「株主優待(以下、優待)」という言葉を聞いたことがある方は多いのでは?優待で生活することで有名な桐谷広人さんがテレビ番組に出演したことで、優待の知名度は大きく高まりました。でも、優待をもらうための方法や実際にどんな優待があるかはご存じない方も多いかもしれません。

株主優待って何?

そもそも優待とは一言で言うと、「企業から株主へのプレゼント」ということになります。ではなぜ企業は株主に優待をプレゼントするのでしょうか?実は企業は「長期的・安定的な株主を増やしたい」と思っています。長期的な目線で企業を応援してくれる株主が多いほうが腰を据えて会社経営に取り組みやすいことがその理由です。

また、結果的に株価対策になるという理由もあるかもしれません。優待を目当てに株式を買う人が増えれば、それだけ株価に上昇圧力がかかる(下落圧力が和らぐ)ということになります。具体例をご紹介しましょう。

現在は業績が急回復した日本マクドナルドホールディングス(2702)ですが、数年前は深刻な客離れが起き苦境に立たされていたことを覚えている方も多いでしょう。

実際2014年12月期・2015年12月期の2期連続で売上が大きく落ち込んでしまい計500億円以上の大赤字となりました。通常株価と業績は連動するので、マクドナルドの株価は大きく下落してもおかしくありませんでした。

では日本マクドナルドの業績と株価チャートをご覧ください。

日本マクドナルドホールディングスの業績推移

%e7%94%bb%e5%83%8f1

(出所)マネックス銘柄スカウター

日本マクドナルドホールディングスの株価推移
%e7%94%bb%e5%83%8f2
(出所)マネックス証券ウェブサイト

点線で囲んだ業績が苦しかった時期の株価を見ても、ほほ横ばいで推移しており株価は大きく下落していません。その後業績が回復するに連れて株価は大きく上昇しました。

この苦しい時期に株価の下支え要因の1つとなったのが優待目当ての買いだと考えられます。マクドナルドは保有株数に応じて自社の店舗で使える無料引換券を優待にしており、個人投資家からとても人気があります(2018年6月現在)。

業績が悪くても優待がもらえるなら株を買いたい・・と考える投資家が多く、結果的に株価はあまり下がらなかったのでしょう。このように、時に優待が株価の下支え要因になることも積極的に株主優待を提供する企業が多い理由だとみられます。

マクドナルドの株主優待

%e7%94%bb%e5%83%8f3

(出所)日本マクドナルドホールディングスのウェブサイトより転載

どんな株主優待がある?

現在日本の上場企業は約4,000社あります。そのうち優待を出している企業は1,400強と3分の1以上にあたります。それでは6月末時点で株式を保有していると優待をもらうことができる、魅力的な株主優待をご紹介しましょう。

※掲載している各企業の株主優待の内容・イメージは東洋経済新報社のデータを元にマネックス証券が作成しています。掲載している画像はイメージ写真であり実際の優待内容とは異なる場合がありますので最新の株主優待の内容はご自身で当該企業のホームページ等を必ずご確認ください。

湖池屋(2226

・権利確定月:6月・12月
・優待内容: 1,000円相当の自社グループ会社商品(スナック・タブレット菓子等)
・優待条件:100株以上の保有

(優待イメージ)
%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

R サーティワン アイスクリーム(2268

・権利確定月:12月・6月
・優待内容:自社製品引換券(500円)
・優待条件:
100株以上           2枚
500株以上           3枚
1,000株以上        5枚
5,000株以上        10枚

(優待イメージ)
%e7%94%bb%e5%83%8f5

 ブロンコビリー(3091

・権利確定月:12月 ・6月
・優待内容:(1)食事優待券または(2)新潟県魚沼産コシヒカリ
・優待条件:
100株以上           (1)2,000円相当
200株以上           (1)3,000円相当または(2)2kg
500株以上           (1)5,000円相当または(2)4kg
1,000株以上        (1)8,000円相当または(2)5kg
2,000株以上        (1)15,000円相当または(2)10kg

(優待イメージ)
%e7%94%bb%e5%83%8f6

物語コーポレーション(3097

・権利確定月:6月・12月
・優待内容:(1)優待食事券または(2)お米
・優待条件:
100株以上           (1)2,500円相当または(2)2.5kg
300株以上           (1)5,000円相当または(2)5kg
600株以上           (1)10,000円相当または(2)10kg
900株以上           (1)15,000円相当または(2)15kg

(優待イメージ)
%e7%94%bb%e5%83%8f7

アース製薬(4985

・権利確定月:12月 ・6月
・優待内容:
(6月のみ)自社製品詰合せ(オーラルケア用品・入浴剤等)
(12月のみ)自社製品詰合せ(殺虫剤)
・優待条件:
(6月のみ)
100株以上           2,000円相当
1,000株以上        3,000円相当
(12月のみ)
100株以上           2,000円相当

(優待イメージ)
%e7%94%bb%e5%83%8f8

もちろん上記でご紹介した企業の他にも魅力的な株主優待を出すところはたくさんあります。「どんな株主優待があるのかな?」とワクワクドキドキしながら企業を探すのもとても楽しい時間です。マネックス証券のウェブサイトでは企業ごとの株主優待を無料で検索することができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

株主優待をもらうために

最後に株主優待をもらうための方法をご紹介します。まず注意しなければいけないのは、「株主優待をもらう権利を取得するためのタイミング」は企業ごとにバラバラということです。

上記でご紹介した企業は6月を株主の権利が確定する月として定めていますが、中には3月・9月などとしている企業もあります。

このように企業ごとに定められた月の「権利付き最終日」に定められた株数以上の株式を購入していると株主優待をもらえる権利を取得することができます。「権利付き最終日」は通常月末の最終営業日から数えて3営業日前となります(まれに月の途中が権利付き最終日になっている企業もありますのでご注意ください)。

例えば2018年6月であれば6月26日(火曜日)が権利付き最終日です。

26日の取引が終わった時点で株式を購入済であれば株主優待の権利がもらえるのですが、26日時点で持っておらず27日になってから購入したとしても優待の権利をもらうことはできません。

せっかく買ったのに・・・ということにならないようにご注意ください。株主優待は株式投資のとても楽しい醍醐味の1つです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!