徹底解説!ロボアド比較

インターネットバンキングと窓口、2つの選択肢を用意

【ロボアド】投資初心者に寄り添うロボアド「ミライノシサン」

TAGS.
01
「『ミライノシサン』は、行員も窓口で使えるツールとして開発しました。初めての投資でも、わかりやすい構成になっていると思います」(久保田さん)

年齢や投資額など複数の質問に答えていくと、目標額に近づけるためのポートフォリオを提示してくれる「ロボアドバイザー(通称ロボアド)」。

今回は、目標到達のための資産運用をシミュレーションし、ネットとリアルの両面からサポートする「ミライノシサン」について、同サービスを運営している常陽銀行営業推進部の久保田由紀子さん、筒井優紀さんに聞いた。

「まとめて」と「つみたて」から投資方法を選択

「資産形成層の投資初心者に資産運用に触れてもらいたい、そして投資信託全体を俯瞰して見られるツールを使ってもらいたいという思いから『ミライノシサン』の開発に動き出しました」(久保田さん)

目標金額に向けた資産運用をシミュレーションできる「ミライノシサン」は、6~7個の質問に回答するところから始まる。現在の年齢や目標額、目標達成時の年齢を入力していく。

特徴的な部分は、質問の段階で投資の方法を選択するところ。スタート時に一括で投資した金額で、運用し続けていく「まとめて」。定期的に一定額を投資し、徐々に総額を大きくしていく「つみたて」。この2つから選択する。

「つみたてのメリットはこちら」をクリックすると、積立の魅力をまとめたPDFが表示される。投資初心者も理解しやすいだろう 画像提供/常陽銀行
「つみたてのメリットはこちら」をクリックすると、積立の魅力をまとめたPDFが表示される。投資初心者も理解しやすいだろう 画像提供/常陽銀行

「まとめて」を選択すると、予定している投資金額を入力する画面に進む。「つみたて」を選ぶと、毎月の積立額とボーナス積立額を入力していくことになる。

最後の質問は、投資に対する考え方を問うもの。収益とリスクがグラフのように表示され、左に行くほど収益もリスクも抑えて堅実に進めるという考え方、右に行くとリスクは高くても収益を期待したいという考え方になる。

動物や乗り物のイラストを用い、収益の伸び率などを表現 画像提供/常陽銀行
動物や乗り物のイラストを用い、収益の伸び率などを表現 画像提供/常陽銀行

初心者でも始めやすいファンド提案方法

質問に回答し終えると、資産を目標額に近づけるために最適な資産配分(ポートフォリオ)が表示される。

安定的な投資では債券の割合が高く、リスクも収益も高く取る場合には株式の割合が高くなる 画像提供/常陽銀行
安定的な投資では債券の割合が高く、リスクも収益も高く取る場合には株式の割合が高くなる 画像提供/常陽銀行

提案された資産配分で運用した場合、将来的にどのような結果が想定されるかシミュレーションしてくれる。回答した投資額、積立額をもとに算出され、目標年齢までに目標額に到達するか、グラフで提示される。

投資信託に投資した場合の推移と、預金で運用した場合の推移を比較できる。このシミュレーションの場合、預金では目標に達しないが、投資信託で運用すれば到達する可能性が高い 画像提供/常陽銀行
投資信託に投資した場合の推移と、預金で運用した場合の推移を比較できる。このシミュレーションの場合、預金では目標に達しないが、投資信託で運用すれば到達する可能性が高い 画像提供/常陽銀行

シミュレーション結果を確認した後は、具体的な商品選びへと進んでいく。選択肢は2つ。株式や債券など資産ごとにファンド(投資信託)をそれぞれ自分で選ぶか、株式や債券などさまざまな資産がパッケージ化されたバランス型ファンドを1本選ぶか。

「選択画面ではピザのイラストを使い、2つの違いをわかりやすく表現しました。1枚で様々な味が食べられる商品がバランス型ファンドで、好きな味を自分で決めるのが資産ごとにファンドを選ぶ方式です」(久保田さん)

商品選びに疑問や不安がある場合は、右側の「良く分からないため窓口で相談したい。」をクリックすると、来店予約ができる 画像提供/常陽銀行
商品選びに疑問や不安がある場合は、右側の「良く分からないため窓口で相談したい。」をクリックすると、来店予約ができる 画像提供/常陽銀行

「ファンド選びや各資産への配分はまかせたい。」を選ぶとバランス型ファンド、「ファンドを自分で選びたい。」を選ぶと資産ごとのファンドが提案される。

「資産ごとにファンドを選ぶ場合、最初は配分比率の高い3つの資産のファンドを提案します。初めて投資する場合、いきなり5~6個のファンドへの分散を提案されても戸惑うと思うので、3個から始めました。シミュレーション結果の資産配分に近づけたい場合は、ファンド数を増やせる設計にしています」(筒井さん)

画像の場合、配分割合の高い「国内株式」「外国株式」「国内債券」のファンドが提案されている。「ファンドの自動選定(選定数)」を変えると、提案されるファンドの数が変化 画像提供/常陽銀行
画像の場合、配分割合の高い「国内株式」「外国株式」「国内債券」のファンドが提案されている。「ファンドの自動選定(選定数)」を変えると、提案されるファンドの数が変化 画像提供/常陽銀行

結果が出た段階では、一定のファンドが提案されるが、自分で選び直すこともできる。常陽銀行で扱っているファンドすべてが対象となるため、チャートで過去のリターンを比較しながら、検討しよう。

同時に3つまで、リターンチャートを比較できる 画像提供/常陽銀行
同時に3つまで、リターンチャートを比較できる 画像提供/常陽銀行

「対面で相談」の選択肢もプラス

購入するファンドを決めたら、投資プラン確認画面へと進む。ここでは常陽銀行のインターネットバンキングでの購入だけではく、商品の資料請求や来店予約を選択することもできる。

「お金のことですから、初めてで不安な方も多いと思います。ネット上で完結できるというロボアドのメリットだけでなく、窓口で対面して考えるという選択肢も必要だと考えました。常陽銀行では、土日に相談できる店舗も用意しています」(久保田さん)

印刷用の画面も用意されているため、プリントしたものを店舗に持っていって相談するのもいいだろう 画像提供/常陽銀行
印刷用の画面も用意されているため、プリントしたものを店舗に持っていって相談するのもいいだろう 画像提供/常陽銀行

投資未経験でも立ち止まらずに使えるよう、配慮されている「ミライノシサン」。店舗でのサポートも考慮しているところは、銀行の強みともいえるだろう。まずは一度シミュレーションしてから、今後のことを考えてみては?
(有竹亮介/verb)

【ミライノシサンのデータ】(2018年8月現在)
・サービス開始 :2017年9月
・利用者層   :20~40代
・サービスタイプ:提案型
・投資対象   :投資信託
・最低投資額  :商品による
・自動積立金  :1000円/月~
・手数料    :無料(投資信託に係る手数料は別途必要)

※記事の内容は2018年8月現在の情報です