積み重なって高額になりがちな“固定費”として捉えよう

子どもの習い事にかかる費用はどのくらい?

TAGS.

pixta_7987426_s

子どもを習い事に通わせて、可能性を広げてあげたいと考えるのは、親として至って普通のこと。では、一般的には何歳頃から、どんな習い事に通わせ始めている家庭が多いのだろうか。

今回は、データをもとに最近の習い事事情を探りながら、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに習い事にかかる費用について、教えてもらった。

不動の1位は「水泳」

まずは、最近人気の習い事から見てみよう。ケイコとマナブ.netが行った「2017年 子どもの習い事アンケート」(習い事をしている小学生以下の第一子を持つ女性927人を調査)によると、実際に通わせている習い事は以下の通り。

●【年齢帯別】今、習っている習い事
未就学児
1位 水泳 35.9%
2位 英語・英会話 30.1%
3位 体操 22.0%
4位 ピアノ 12.9%
5位 リトミック 10.0%

小学生低学年
1位 水泳 49.5%
2位 英語・英会話 25.2%
3位 ピアノ 23.6%
4位 書道 17.2%
5位 学習塾・幼児教室 11.7%
5位 体操 11.7%

小学生高学年
1位 水泳 36.9%
2位 英語・英会話 27.8%
3位 ピアノ 24.3%
4位 書道 23.3%
5位 学習塾・幼児教室 19.1%

年齢が上がっても、1位「水泳」2位「英語・英会話」は不動だが、「水泳」は小学生低学年がピークで、高学年になると割合が減っている。また、小学生になると徐々に増えるのが「学習塾」。中学受験を見越して始める家庭も多いだろう。

中学生まで上がり続ける習い事費

習い事にかかる費用に関して、ベネッセ教育総合研究所が行った「学校外教育活動に関する調査2017」(3~18歳の子どもを持つ母親1万6170人を調査)で、興味深い結果が出ている。

●学年別学校外教育活動費(月額)
3歳 3200円
4歳(年少) 4800円
5歳(年中) 7900円
6歳(年長) 9800円
小学1年 1万1600円
小学2年 1万1900円
小学3年 1万4800円
小学4年 1万6500円
小学5年 1万8700円
小学6年 1万8400円
中学1年 1万8800円
中学2年 2万1500円
中学3年 2万5900円
高校1年 1万4300円
高校2年 1万7600円
高校3年 1万8900円

この金額は、複数の習い事の費用を合計したものだが、中学生までは年々上がっている。ピークの中学3年は、年間31万円程度かかっているのだ。

この調査では、合計額を習い事のジャンル別に分けて算出しているのだが、小学生低学年と中学生では内訳が大きく異なる。

【小学1年】
スポーツ活動 4400円
芸術活動 1900円
家庭学習活動 1700円
教室学習活動 3600円

【小学6年】
スポーツ活動 4100円
芸術活動 1900円
家庭学習活動 3100円
教室学習活動 9300円

【中学3年】
スポーツ活動 2700円
芸術活動 1500円
家庭学習活動 4200円
教室学習活動 1万7500円

小学1年ではスポーツ活動の割合が大きいが、学年が上がるごとに学習活動の割合が増えていき、高校受験を控えた中学3年では、塾に当たる教室学習活動がひと月の総額の3分の2以上を占めている。

「この調査からは、スポーツ系の習い事はいずれ辞めてしまう子が多いということが見えてきます。そう考えると、幼い頃からいくつもの習い事を並行させるかどうか、夫婦や親子で相談する必要があると思います」(氏家さん・以下同)

“習い事を1つ増やしたら1つ減らす”が原則

さまざまな家庭の家計相談を受けている氏家さんによると、「習い事はなんとなく流れで通わせる家庭が多く、年々数が増えていきやすい」とのこと。

「『クラスの子が通っているから』『私が昔バレエを習いたかったから』など、住む地域や親の思い入れに左右されやすく、月数千円と手頃に感じやすい習い事は、数を重ねがちですが、その分大きな固定費になります。家計の面から考えると、本当に子どもがやりたがっているか、通わせる意味があるか、振り返る必要があるでしょう」

習い事に限ったことではないが、月々の固定費は“1つ増やしたら1つ減らす”というルールを持つと、支出が大幅に増えることを避けられる。家庭の経済状況と照らし合わせ、あらかじめ「習い事は2つまで」のように決めておくのもいいだろう。

「教育費でもっとも大切なものは、将来の学費です。高校までは公立でその先に大学進学を予定している家庭では、18歳をゴールにした貯蓄プランを作り、早めに自動積立などで始めるのが理想です。その仕組みを作った上で、学校外教育費にかける金額を考えましょう」

習い事によっては、出費がかさむ可能性もある。ピアノやバレエなど発表会があるものは、衣装代などの臨時支出が発生するため、そこも含めて検討しよう。

小学生から、月1万円以上かかることが予想される習い事の費用。積み重なった時にいくらになるか、想像しながら厳選していった方が、子どもにも家計にもよさそうだ。
(有竹亮介/verb)