投資ってなんだ!?

投資するならバランスのとれた“幕の内弁当”

提供元:日興アセットマネジメント

TAGS.

%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a0%e7%94%bb%e5%83%8f

Vol.4では、投資で取るリスクは賭け事ではなく、株式やリートを通じて世界経済の成長に参加すること、ということをお伝えしました。今回は、数ある金融商品の中から、どのようなものを選べば良いか、についてお伝えします。

金融商品の特徴を知り、バランス良く組み合わせてみよう

金融商品(投資商品)は大きく、①価値を保つための預貯金や債券、②賃料収入が期待されるリート(不動産投資信託、空室リスクなどを負うが期待リターンは高い)、③利益の多くを事業拡大に使い、価値の増大や将来の配当金を期待する株式(事業リスクを負うが期待リターンは高い)といった区別があります。これら特徴が異なる3つを、いろいろな味わいが楽しめる幕の内弁当のようにバランスよく組み合わせれば、リターンをあまり損なわずにリスクを小さくすることが期待できるのです。

具体的には、“株式・債券・リートなど(以下、各資産)を組み合わせたバランス型投資信託に投資する方法”と、“各資産の全体の値動きを表す指標と同じ動きをするよう設計されたETF(上場投資信託)や投資信託を自分で組み合わせる方法”があります。後者の方が相対的に運用管理費用は低いのですが、各資産の評価額が増えたり減ったりするので、時々配分比率を調整してバランスの良い状態を保つ必要があります。その点、前者のバランス型投資信託であれば、ご自身に代わって専門家に運用を任せることができます。

資産形成世代はバランス型を中心に、引退世代は取り崩しつつ残りを増やす方法も

資産形成世代は引退後に『潤いのあるくらし』を送るために、今からお金を蓄えておきたいので、世界経済や事業の成長リスク(良くなったり、悪くなったり)を負う代わりに期待リターンが高い株式の配分比率が高めのバランス型投資信託の検討を、引退世代はお金を取り崩していく世代ですから、賃料など定期的に収入があるリートや、一定の利子が支払われる債券などの配分比率が高めのバランス型投資信託を検討してはいかがでしょうか。

もちろん、人生100年時代の“潤い”の源泉として、一部のお金を、配当金が相対的に高い株式への投資や、将来有望とされるロボット関連企業への投資などで、“楽しみ”を持っていただくのも良いかもしれません。

 

%e5%9b%b31

※上記は考え方の一例を示すことを目的としたイメージ図であり、商品の利回り等を保証するものではありません。

(日興アセットマネジメント チーフ・ストラテジスト 神山直樹)