人間ドック、遊園地チケットは施行前が吉!

FPに聞く「消費税10%」増税前に買うべきものは?

TAGS.

pixta_42312736_s

2019年10月に消費税10%への引き上げが予定されている。欲しいものがあれば増税前に買っておきたいところだが、なかでも高額商品や増税後に値上がりが予想される商品など、特に“今が狙い目”の商品があるようだ。そこで、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の花輪陽子さんに、増税前の買い物のポイントについて聞いた。

増税前に知っておきたい買い物のポイント

増税前の心構えとして、ポイントになるのは商品を3つの基準で分類することだと花輪さん。

「1つ目は『増税で必ず値上がりするであろう商品』、2つ目は『値崩れしにくい商品』、3つ目は『値引きされることが多い商品』です。そもそも買い物のセオリーは、必要なものを必要なときに買うことですが、増税前に買うべきか悩んだら、この3つの基準に照らし合わせて考えてみましょう。増税前の買い物で優先すべきは、1つ目と2つ目。増税で値上がりすることが予想される商品や値崩れしにくい商品は増税の影響をダイレクトに受けるので、購入を優先した方がいいでしょう」(花輪さん、以下同)

セールもそうだが、安いうちに何でもかんでも買おうとすると逆に不要な消費が増えてしまうもの。そこで、買うかどうかの判断に困ったら上記3つの基準で検討してみるとよさそう。

増税で値上がりが予想される商品としては、たとえば遊園地やレジャーランドなどのアミューズメントパークの入場料。年々値上がり傾向が見られることから、増税を機に便乗値上げが考えられるようだ。なお、旅行については、海外旅行より国内旅行の方が飛行機代金に関して増税の影響を受けるため、増税前は国内旅行を検討したいところだ。

一方、値崩れしにくいものとしては、人間ドックや自由診療の医療費が挙げられるとのこと。増税分がそのまま上乗せされる可能性が高いので、増税前の早めの受診がおすすめなのだとか。

また、「普段、セールの対象になりにくい商品や外税で販売されている商品は、増税後も上乗せされると考えて間違いないでしょう」とのこと。浄水器のカートリッジや空気清浄機のフィルターなど、時期に左右されず、一年通して需要が変わらないストック商品は購入しておくのも手だろう。

逆に食品やトイレットペーパーなどの日用品は、セールの対象商品になりやすいので、増税後も割安で購入できる可能性が高いとのこと。

自動車はタイムラグに注意! 住宅はすまい給付金を要チェック

高額商品についても、ものによって優先的に買うべきか否かは分かれるという。たとえば家電であれば洗濯機や冷蔵庫などの白物家電と、テレビやカメラなどの黒物家電とでは、増税の影響が異なると花輪さん。

「白物家電は、大きく価格が変わることはありません。つまり値崩れしにくい商品なので、増税前の積極購入をおすすめします。逆に黒物家電は最新型が出るタイミングで、旧型を値下げするケースが多いので、増税後のセールで割引対象になる可能性が高いため、購入は待った方がいいでしょう」

また、小売店ではキャッシュレスによる決済が優遇されることが考えられるとあって、増税後は家電量販店での割引が期待できる。ちなみに季節ものの白物家電、たとえばエアコンであれば、4月から5月に価格が落ちてくるとのこと。そのため、増税前の購入を決めたらシーズナリティにも気を配ることで、お得にゲットできそうだ。

では、さらに高価格帯の自動車はどうだろう。2%の増税で数万円から数十万円アップすることも考えられるため、増税前に優先的に購入を考えた方がいいものに分類される。ただし、増税間際の駆け込み購入は注意が必要だ。

「自動車の購入に際しては、ナンバープレートの登録認可と車検証が必要。その2つが交付された日の消費税率が適用されます。手続きに時間がかかることを踏まえて、購入時期を検討しましょう。ちなみに、自動車は売約数を伸ばそうと勝負をかける可能性がある決算期の3月が価格交渉のチャンスです」

そして、数ある商品の中でもとりわけ高額なのが住宅。リフォームや新築住宅は、住宅ローン減税の拡充が発表されており、さらに「すまい給付金」という国の支援制度を活用することができる。すまい給付金については、年収やローン借入期間など一定の要件が設けられているが、これを利用することで増税に相当する額をある程度カバーできる。

「住宅の消費税額は原則として引渡し時点の税率が適用されます。ただし、増税の半年前にあたる3月31日までに契約したものについては経過措置が適用され、引渡しが増税以降になっても10%ではなく8%が課税されます。また、『すまい給付金』については消費税が10%になると、年収775万円以下であれば最大50万円の給付金が受け取れます。そのため、給付金の条件に当てはまる場合は、増税後の方がお得に購入できるケースも考えられます」

増税まで1年を切った今、まずは本当に欲しいものかどうかを冷静に検討することが大事。そして直前に焦って購入するのではなく、花輪さんのアドバイスを参考に、今のうちから早めに買い物計画を立てることをおすすめする。

(末吉陽子/やじろべえ)

注目キーワード