新規上場ETF・ETNの横顔

2019年8月15日上場

2556:One ETF 東証REIT指数

提供元:アセットマネジメントOne

TAGS.

New Release Latest Brand Update Concept2019年8月15日にOne ETF 東証REIT指数(銘柄コード:2556)が新規上場することから、この新しいETFの特徴、組成や設定のねらいについてご紹介いたします。

基本情報

銘柄名・コード One ETF 東証REIT指数(2556)
ファンドの特色 信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を東証REIT指数の変動率に一致させることを目的として、東証REIT指数に採用されている銘柄(採用予定の銘柄を含みます。)の不動産投資信託証券に対する投資として運用を行います。
対象指標 東証REIT指数
対象指標の概要 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場している不動産投信(J-REIT)全銘柄を対象とした「浮動株時価総額加重型」の指数です。東京証券取引所が算出・公表しています。
算出方法は2003年3月31日の時価総額を1,000ポイントとして、その後の時価総額を指数化したものです。
計算期間 毎年1月9日~4月8日、4月9日~7月8日、7月9日~10月8日、10月9日~1月8日
(※最初の計算期間は2019年8月14日から2019年10月8日まで)
分配金支払基準日 毎年1月、4月、7月、10月の各8日(年4回)
管理会社 アセットマネジメントOne株式会社
信託受託会社 みずほ信託銀行株式会社
売買単位 10口単位
信託報酬 以下①と②の合計額とします。
① 信託財産の純資産総額に対し、年率0.1674%(税抜0.155%)以内を乗じて得た額
② 信託財産に属する不動産投資信託証券の貸付にかかる品貸料に54%(税抜50%)以内の率を乗じて得た額
上場日 2019年8月15日(予定)

新しいETF組成の思い

当社は2019年8月15日に新しく「One ETF 東証REIT指数(2556)」を上場いたします。

本ETFは、東証REIT指数に採用されている銘柄の不動産投資信託証券への投資を通じて、東証REIT指数に連動する投資成果を図ることを目的としております。本ETFが投資対象とするREITは、株式と債券の中間的なリスクとリターンを持ち、比較的高い配当利回りが期待される商品として市場規模を拡大してきました。

足もとの低金利環境において、東証REIT指数は配当利回りが10年国債利回りとの差で約4%となり、国内で得られる利回りとしては比較的高い水準であることや、指数値自体も2019年7月に11年半ぶりの高値を付けるなど、今改めて脚光を浴びている資産です。

こうした機会を逃すことなく、比較的高い利回りとパフォーマンスを広く投資家の皆さまに享受いただきたいと考え、下記の特徴を有するETFを組成いたしました。

新しいETFの特徴

「One ETF 東証REIT指数」は、非常にシンプルかつ多くの投資家さまにご投資いただき易い特徴を有していると考えています。

・低水準の信託報酬率
本ETFの信託報酬のうち品貸料にかかる部分以外については年率0.155%(税抜)と、東証REIT指数に連動する多くのETFの中で比較的低い水準※に設定しております。

※2019年7月25日現在

・重複の少ない決算タイミング
本ETFの決算は年4回(1月、4月、7月、10月)で、原則として収益分配を行います。年4回の決算を行う東証REIT指数に連動するETFは多くありますが、決算時期を1月、4月、7月、10月としているETFは少なく、決算時期の異なるETFと合わせてご投資いただくことで、分配金を毎月受け取る仕組みにすることも可能としています。

連動する指数の特徴

東証 REIT 指数は、東京証券取引所に上場している全てのREIT(リート)を対象とし、浮動株調整後の時価総額加重平均で計算されます。2019年6月末時点での組入銘柄数は63銘柄です。東京証券取引所に上場するREIT全体に投資するのと同じ効果が期待できます。

連動指標のパフォーマンス

出所:BloombergよりアセットマネジメントOne作成
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、ファンドの運用実績ではありません。ファンドの運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

【累積リターン】

出所:BloombergよりアセットマネジメントOne作成
基準:2019年6月末
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、ファンドの運用実績ではありません。ファンドの運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

連動指標の主要構成銘柄

出所:BloombergよりアセットマネジメントOne作成
基準:2019年6月末
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、ファンドの運用実績ではありません。ファンドの運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

【参考情報】
● 情報ベンダーコード
(ETFコード)
Quick:2556/T、Bloomberg:2556 JT Equity、Refinitiv:2556.T

(対象指標)
Quick:155、Bloomberg:TSEREIT Index、Refinitiv:.TREIT

● 対象指標の算出要領
https://www.jpx.co.jp/markets/indices/line-up/files/cal_7_reit.pdf

※指数のディスクレーマーについては下記をご参照ください。
・東証REIT指数の指数値及び東証REIT指数の商標は、株式会社東京証券取引所(以下「㈱東京証券取引所」という。)の知的財産であり、東証REIT指数の算出、指数値の公表、利用など東証REIT指数に関するすべての権利・ノウハウ及び東証REIT指数の商標に関するすべての権利は㈱東京証券取引所が有する。
・㈱東京証券取引所は、東証REIT指数の指数値の算出若しくは公表の方法の変更、東証REIT指数の指数値の算出若しくは公表の停止又は東証REIT指数の商標の変更若しくは使用の停止を行うことができる。
・㈱東京証券取引所は、東証REIT指数の指数値及び東証REIT指数の商標の使用に関して得られる結果並びに特定日の東証REIT指数の指数値について、何ら保証、言及をするものではない。
・㈱東京証券取引所は、東証REIT指数の指数値及びそこに含まれるデータの正確性、完全性を保証するものではない。また、㈱東京証券取引所は、東証REIT指数の指数値の算出又は公表の誤謬、遅延又は中断に対し、責任を負わない。
・本件商品は、㈱東京証券取引所により提供、保証又は販売されるものではない。
・㈱東京証券取引所は、本件商品の購入者又は公衆に対し、本件商品の説明、投資のアドバイスをする義務を負わない。
・㈱東京証券取引所は、当社又は本件商品の購入者のニーズを、東証REIT指数の指数値を算出する銘柄構成、計算に考慮するものではない。
・以上の項目に限らず、㈱東京証券取引所は本件商品の設定、販売及び販売促進活動に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しない。

注目キーワード