「なぜか余裕がない…」なら要注意

年収別で違う!お金が貯まらない理由と見直すべきポイント

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

自分では贅沢をしていないつもりなのになぜかお金が貯まらない、頑張って貯金しようと思ってもお給料日前になると余裕がない。そんな悩みを抱いている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、年収別にお金が貯まらない理由と、貯金をするうえで見直すべきポイントについてご紹介します。

年収250~350万円なら可処分所得を増やすことを考える

年収250~350万円の人は、月収が手取りベースで17~22万円前後かと思います。ボーナスの有無にもよりますが、毎月の生活費を支払うとほとんどお金が残らないのではないでしょうか。

特にこのくらいの手取り月収だと、通院や冠婚葬祭などいつもと違う臨時出費があるとペースが乱れ、お金が貯まらないサイクルができてしまいます。ですから、出費のペースを一定に保つこと、その一方で可処分所得を増やすことが重要です。そうして、毎月の貯金額を少しでも増やしていきましょう。

可処分所得を増やす方法は、突き詰めれば2つしかありません。支出を減らすか、収入を増やすかです。手がけやすいのは支出を減らすことでしょう。娯楽費や被服代など、削りやすいところから節約していきましょう。もちろん、資格取得や昇進で給料アップを狙うのもひとつの方法です。

年収350~400万円なら固定費の見直しを徹底

年収350~400万円の人は、月収が手取りベースで22~26万円前後。このくらいになると、毎月の生活費ではあまり困らないと言う人も少なくないでしょう。でも、油断しているとお金は貯まりません。まず固定費を見直してみて、貯金に回せるお金を増やしましょう。

生活が苦しくいない分、無意識に固定費が高くなっている人も多く見受けられます。ネット代、スマホ代、保険料、住宅費などの固定費を見直してみてください。また、本は図書館で借りる、コーヒーはカフェで買わずに自分で作って持っていく、など、ちょっとした工夫が功を奏することも多くあります。

年収400~500万円は無意識の無駄遣いに注意

年収400~500万円の人はまず、普段の生活に困ることはないでしょう。しかしその一方で、「なぜか貯金ができない」と悩む人が多いのも事実です。このくらいの年収層の人たちには無意識のうちに無駄遣いをしている可能性があります。

つまり、もっと安い、もしくは無料で利用できるものがあるのにわざわざ高いものを使ったり、お金をかけたりしているということです。スマホのキャリア志向であったり、洋服や化粧品のブランド志向であったり、もしくは外食が多かったりというケースです。

自分では贅沢をしているつもりでなくとも、無駄遣いをしている場合があるので一度、見直してみましょう。

年収500万円以上の人は貯金の目標と達成方法を見直そう

年収500万円以上の人は、貯金の目標や達成方法について一度、自分の中で整理してみましょう。貯金するだけの余裕はあるはずです。しかし、目標金額や時期、そしてどう達成していくかというのが明確になっていないことで遠回りしてしまうことがあります。何のために、いつまでに、いくら、どうやって貯金するのかを改めて確認し、貯金に取り組むようにしてください。

目標金額が明確になれば、「〇月までに××万円貯まっていないとダメだな」「今の調子で貯めていけば希望の時期に目標達成できそうだな」などと自分で見当がつくようになります。

まとめ

いかがでしたか。お金が貯まらないのには必ず理由があります。その理由を探して、解決していくことで貯金できるようになっていくはずです。まずは自分の普段の生活やお金の使い方から見直してみてくださいね。

 

[執筆:ファイナンシャルプランナー 大塚ちえ]

注目キーワード