プロが語る!資産形成のすゝめ

株式投資、少額でも始められるってホント?

提供元:auカブコム証券

TAGS.

これなら株式投資に手が届く!単元未満株とは

株式は通常、100株単位などで売買されます。この単位のことを「単元株」といい、購入しようとすると株価によっては数万円から数十万円というようなまとまったお金が必要になります。気軽に株式投資を始めてみたいという人には、少しハードルが高いかもしれません。

そんなときには、単元未満株を検討してみましょう。

一般的な株式売買は単元株(100株や1000株)での売買となります。しかし、証券会社によっては1単元に満たない株数での売買が可能です。

例えば、A社の株価が1万円のときに購入しようと思ったら、単元株(100株・1単元)だと100万円必要ですが、単元未満株なら、10株10万円からや、1株1万円からで購入できます。売るときも同様に、10株単位や1株単位で売却が可能です。

株式投資では配当も魅力の1つ。配当とは、会社の利益の一部を株主に還元するものですが、単元未満株でも単元株と同じく、持っている株数に応じた配当金が受け取れます。

ただし、単元未満株には「購入できない銘柄もある」、「売買価格の指定ができない」、「リアルタイムでの売買ができない」など、単元株での取引とは違う点もあります。

少ない予算でも、単元未満株ならこんなことが実現できる

少額でも株式を購入できる特徴を活かした単元未満株の活用法を見てみましょう。

【少額で買えるから複数企業の株式が持てる】
1株から購入できるので、少ない予算でも複数の企業の株式を購入できます。「いつも利用している商品やサービスを提供する企業を、応援したい!」といった願いも、単元未満株なら叶いそうですね。

【価格変動リスクを分散できる】
複数の会社の株式を持てば、ある会社の株価が下がったとしても、別の会社の株価が上がれば、損失リスクの軽減が図れます。1つの会社の株式を多く持つよりも全体の価格変動が抑えられ、リスクの分散になるでしょう。単元未満株なら少額でも分散がしやすくなります。

【いつかは株主優待も実現可能に】
単元未満株を買い増した結果、100株など単元株になると、単元株として売買できるようになります。単元株になれば、その企業の商品やサービスに関する優待券などがもらえる「株主優待」も受けられます(株主優待のない企業もあります)。

【自動でコツコツ!積立投資で時間分散】
auカブコム証券では毎月500円以上1円単位の少額から「プチ株®」を積み立てできるサービス「プレミアム積立®(プチ株®)」がご利用いただけます。積立投資であれば短期的な価格変動のリスクを抑える、投資の時間分散効果が期待できます。さらにauカブコム証券では、プチ株®を積立で買付する場合の取引手数料は無料です。

将来のための資産づくりに、家計に影響のない範囲で予算を決め、その中で購入できる企業の株式を探してみてはいかがでしょうか。

 

(提供元:auカブコム証券)

注目キーワード