投信・ETFトレンド情報

投資信託のトレンドが分かる!

2020年1月 投資信託の資金フロー

提供元:三菱アセット・ブレインズ

TAGS.

pixta_10204353_m

投資信託は個人の資産形成における中心的な金融商品として多くの人が利用している。投資信託の資金流出入などの動向は、資産形成を考えるうえで重要な情報だろう。

そこで、毎年1000ファンド以上の投資信託を評価・分析する三菱アセット・ブレインズより、以下で2020年1月における投信市場の動向(注)についてご紹介する。

(注)ETF、DC専用、SMA専用、公社債投信等を除いた公募投信

1.投信市場における資金の流出入動向

「5ヵ月ぶりの資金流入超」

1月の資金流出入動向は約1,300億円の資金が流入し、5ヵ月ぶりに資金流入超に転じた。

資金流入では、複合資産に高水準の流入が継続しているほか、内外株式が昨年8月以来のマイナスのリターンとなったこともあり、押し目狙いの動きから外国株式が3ヵ月ぶりの流入超となった。

資金流出では、国内株式、エマージング株式、外国債券、エマージング債券、ハイイールド債券から資金が流出した。国内株式はインデックス型には資金が流入したことから、流出額は前月対比で縮小した一方で、債券カテゴリーの流出額は拡大した。

個別ファンドで当月の資金流入額が大きかったのは、「ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月分配型)」であった。

(図表1)主要資産の資金流出入動向(過去3ヵ月と直近月)

※合計には、グラフ表示していない、その他資産も含む

2.投信市場のパフォーマンス動向

「株式資産を中心にマイナスのリターン」

1月の金融市場は、序盤は米中貿易協議の第1段階合意が正式署名されたこともあり、昨年終盤のリスク選好的な流れが継続したが、中旬以降は中国で発生した新型肺炎ウイルスの感染拡大懸念が強まりリスク回避的な流れに転じた。

株式市場は、米中貿易協議の合意署名が好感され、月初は米国を中心に世界的に上昇したが、中旬以降は新型肺炎の感染拡大懸念の広がりを受けて楽観ムードは一変、株価は急落した。

債券市場は、世界的に長期金利が低下し、債券価格は上昇した。米イランの衝突回避などを受けて月半ばまで一進一退で推移したが、月末にかけて新型肺炎に対する警戒感の高まりから金利が低下した。

為替市場は、米ドル・円、ユーロ・円ともに円高となった。米ドル・円は米中貿易協議の合意署名や好調な米経済指標から円安となる場面も見られたものの、その後の新型肺炎の感染拡大懸念を受けて円高に推移した。ユーロ・円は新型肺炎への懸念に加えて、ECB(欧州中央銀行)が金融緩和政策の変更を急がない姿勢を示唆したことなどから追加緩和圧力が継続するとの見方が強まり、円高に推移した。

これらを背景に、1月の投信市場では不動産投信、国内債券を除く全てのカテゴリーでマイナスのリターンとなった。月中旬以降、新型肺炎の感染拡大が懸念され、内外株価はエマージング株式、国内株式を中心に下落した。他方で、グローバルなリスク回避の動きにより、月末にかけて海外金利の低下とともに国内金利が低下し、国内債券や不動産投信のリターンがプラスとなった。

このように、直近1ヵ月では株式がマイナスリターンとなったものの、直近3ヵ月では依然として海外株式(外国株式・エマージング株式)が上位にランクインしている。また、直近12ヵ月では世界的な低金利環境が継続するとの見方を背景に、REITが最も高いリターンを獲得した。

個別ファンドの1ヵ月リターンでは、新型肺炎への懸念が高まる中でも、業績期待の根強いテクノロジー関連株式が上昇したことから、これらに集中的に投資するテーマ株ファンドが上位にランクインした。

(図表2)パフォーマンス上位5資産のランキングと実績

3.新規設定ファンドの動向

「新規設定額は大幅に減少」

当月の新規設定本数は19本と、前月の20本から1本減少した。また、新規設定額は約140億円と、前月の約2,300億円から大幅に減少し、2019年8月以来の低水準となった。

当月の新規設定ファンドのうち設定額首位は、「あおぞら・新グローバル分散F(限定追加)2020-01」(あおぞら)で約39億円の資金を集めた。

(図表3)新規設定金額、設定本数の推移

最後に、1月の資金流入上位15ファンドを掲載しておく。

(図表4)資金流入上位15ファンド一覧

 

(三菱アセット・ブレインズ)

注目キーワード