終身雇用? 雇用継続リスクあっても高収入?

キャリア女性が仕事に求める条件、多数派は?

TAGS.


仕事一筋の女性もいれば、結婚・出産で一旦休んでから職場復帰する女性もいて、女性の働き方はまさに多様化していると言っていい。では、20~30代の働く女性が仕事に求めるものは「安定」なのか、「収入の高さ」なのか、どちらなのだろう? そこで「収入が低くても終身雇用」か「クビになる可能性はあるが収入が高い」のいずれかを選択してもらい、その理由を聞いてみた。

あなたの仕事選びの考えに近いのはどっち?

年収は低いけど、終身雇用 74%>年収は高いけれど、クビになる可能性も高い 26%

20~30代の若手女性社員のうち、実に7割が終身雇用を選択した。逆に言えば、終身雇用が当たり前だった日本の会社員の実に3割弱もの人がハイリスクハイリターンの働き方を希望するようになったと言えるのかもしれない。

終身雇用を選択した女性の意見を聞いてみると…。

「終身雇用の方が将来的に安心」(20代女性)
「いきなり切られても困る」(20代女性)
「長く働きたいから」(20代女性)
「将来的に安定している方がいいから」(20代女性)
「何よりも安定を求めているから。現状で満足しているから」(30代女性)

など、安定していた方がよいという意見が非常に多くなっている。

一方

「転職するのがめんどくさい」(20代女性)
「自分には能力がないから」(30代女性)

と、積極的に今の仕事を続けたいと思っているわけではないが、なんとなく妥協で今の職場に籍を置いている人も多いようだ。

この他に女性ならではのこんな意見も…。

「子供が小さいので時間に融通が利き、育児や家事を両立できる負担の少ない勤務時間が良い為」(30代女性)
「育児中のため、雇用が確実のほうが安心」(30代女性)

女性が仕事に安定を求める傾向がある理由の1つが子育てだということも分かる。

ちなみに、前述の「子供が小さいので時間に融通が利き~」と答えた30代女性が今の仕事で想定している年収は101万円~200万円。「育児中のため、雇用が確実のほうが安心」と回答した30代女性の年収は201万円~300万円。子育てと仕事を両立できるなら、高い年収は望まないというのが子育て中の女性の本音のようだ。

一方、「年収は高いけれど、クビになる可能性も高い 」と答えた女性の理由を聞いてみると…。

「年収ががんばる動機になる」(20代女性)
「自分次第でどうにかなるから」(30代女性)
「自分が頑張ればいい話」(20代女性)

このように、自分の実力に自信を持ち、それが年収に反映されるべきと考えている女性も多いよう。なお、女性の中には1つの職場にとらわれず、自分のスタイルを優先したいと考えている人もいる。また、

「クビになっても転職できるスキルを持っていれば問題ない」(20代女性)
「そのときにあった働き方を選択したいから」(30代女性)

と、仕事がうまくいかなかったり、自分に合わなかったりすれば仕事を変えればいい、と転職を受け入れている人も多い模様。

最後に「年収は高いけれど、クビになる可能性も高い 」と答えた女性のうち、理由を回答した女性がどのくらいの年収を想定しているのか紹介したい。

「年収ががんばる動機になる」 1001万円~1500万円(20代女性)
「自分次第でどうにかなるから」  501万円~600万円(30代女性)
「自分が頑張ればいい話」 501万円~600万円(20代女性)
「クビになっても転職できるスキルを持っていれば問題ない」 601万円〜700万円(20代女性)
「そのときにあった働き方を選択したいから」 501万円〜600万円(30代女性)

日本人の平均年収が440万円程度であることを考えれば、キャリア女性は平均年収より上の年収を想定しているよう。これからは、働き方と年収を自ら「デザイン」できるよう、考えることも大事になっていきそうだ。

(手塚大輔)

「お金に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2019年11月
調査対象:全国20~30代の社会人
有効回答数:500件

注目キーワード