リタイア後のマネー事情

リフォームのための助成制度が充実してきている?

知っておきたい将来の住まいのこと ~老後のリフォーム編~

TAGS.


働き盛りの頃に購入し、ようやくローンを払い終えた家。愛着のある住まいに、老後もそのまま住み続けたいと考える人は多いはずだ。

しかし、家も時間が経てば老朽化し、不具合が生じることがある。特に戸建てにおいては、メンテナンスが必要。そこで、老後に考えるべき戸建てのリフォームについて、ファイナンシャルプランナーで不動産コンサルタントの橋本秋人さんに教えてもらった。

自宅のバリアフリーの度合い・耐震性をチェック

「戸建ての家を長持ちさせるために必要なメンテナンスは、屋根のふき替えや外壁の塗り替えなどの大規模修繕。これに関しては、老後に限った話ではなく、10~15年に一度くらいのペースでしたいところです。費用は、1回に200万~300万円かかると考えておきましょう」(橋本さん・以下同)

例えば、65歳でリタイアし、80歳まで自宅で過ごすとすれば、一度は大規模修繕が必要になる。その分の費用は、あらかじめ確保しておいた方がよさそうだ。

「段差が多かったり階段が急だったりする場合は、段差をなくす、手すりを付けるといったバリアフリー改修が必要です。1990年代後半以降に建てられた家は、ユニバーサルデザインを取り入れていることが多いので、バリアフリー改修はほんの少しで済む場合もあります」

ユニバーサルデザインとは、年齢に関係なく誰でも使いやすい設計のこと。子育てを想定して建てた家は段差が少ないことが多く、高齢者にとっても住みやすい家である可能性が高い。一方、昔ながらの日本家屋や親から引き継いだ家に住んでいる場合は、大規模なバリアフリー改修が必要になることが多いそう。必要な改修の内容は、リフォーム業者と一緒に考えていくといいとのこと。

「1981年(昭和56年)より前に建てられた家は、旧耐震基準が適用されているので、耐震性に不安が残る場合があります。心配であれば、耐震改修もしておいた方がいいでしょうね」

退職して時間に余裕ができたら、リフォーム業者や診断業者に依頼して、バリアフリーの度合いや耐震性をチェックしてもらうと、老後も安心して住み続けられそうだ

リフォームをすると所得税が控除される!?

改修を行う場合、大きな出費が発生することが予想できる。費用を抑えるテクニックはあるのだろうか。

「バリアフリー改修に関しては、介護保険から補助金を受け取れる制度があります。工事費20万円分を上限に、所得額に応じて7~9割が支給されるのです。つまり改修に20万円かかったら、14万~18万円が戻ってきます。ただし、要支援・要介護認定を受けた人のみが使える制度です」

自治体によっては、要支援・要介護認定を受けていなくても、バリアフリー改修に対して助成金を出してくれるところもあるという。必要な場合は、住んでいる自治体の制度を確認してみよう。

「家の断熱改修や家庭用蓄電システムの導入といった省エネリフォームをした際には、国から120万円まで(※)補助金が支給される制度があります。ほかにもバリアフリーや省エネなど、住宅の質を向上させるための改修に関しては、助成制度がたくさんある印象です」

※戸建ての場合。補助対象費用の3分の1以内に限られる

リフォームを行うことで、税金面でもメリットがあるという。

「バリアフリー、耐震、省エネ、これらの改修をした場合、工事費の10%が所得税から控除されます(最大20万円)。また、工事を完了した年の翌年度1年間に限り、固定資産税もバリアフリー、省エネ改修の場合は3分の1、耐震改修の場合は2分の1減額されます」

政府も民間も「中古住宅活用」を推進

自治体ごとにリフォームに関する助成制度があり、税金面でも優遇されるのは、「日本の住宅事情を変えよう」という国の意向が関係しているらしい。

「日本の中古住宅は汚い、寒い、弱いといった負のイメージが強く、流通量が少ないという実情があります。ただ、現在の空き家問題などを踏まえると、新築住宅を建てるより中古住宅の質を高めて、売り買いしやすくした方がいいと、国は判断したのです。そのため、リフォームに対するサポートが充実してきています」

大手ハウスメーカー10社が立ち上げた「優良ストック住宅推進協議会」では、リフォームして新築とほとんど変わらない質に仕上げた中古住宅を「スムストック」に認定し、評価を高める制度を始めている。民間にも、中古住宅活用の流れが来ているのだ。

「古い住宅でも、メンテナンスを行って質を維持しておけば、それなりの金額で売れる見込みがあります。しかし、放置していたら査定額は0円になってしまうかもしれない。将来的に売ることも視野に入れ、自宅はリフォームしながら、キレイに保っておく方がいいと思います」

ますます充実していくであろうリフォーム助成制度。せっかく制度があるならば、使わないともったいない。老後、快適に過ごすためにも、今のうちからリフォームを検討してみては?
(有竹亮介/verb)

注目キーワード