「つみたてNISA」虎の巻

減額・中断はできるけど…

つみたてNISAやiDeCoの掛金を払うのが苦しい。それでも続けたほうがいいのか

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

オトクなメリットが魅力で始めたつみたてNISA(積立NISA)やiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)ですが、最近は掛金を払うのが厳しくなってきた…。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。将来のためにはどうしても続けた方がいいのでしょうか。それともいっそ解約するべき?

実は、つみたてNISAもiDeCoも、掛金の支払いを止めることができるのです。今回は、いざという時に役立つ知識、つみたてNISAとiDeCoの掛金の支払いストップについてお伝えします。

つみたてNISA(積立NISA)は、いつでもやめられる

つみたてNISAは、投資で得られる利益が非課税にになるおトクな制度。本来は、運用益には約20%の所得税がかかるのですが、つみたてNISAにはそれがありません。

たとえば、運用で10万円の利益が出たとき、通常は約2万円の税金が差し引かれ、手元には約8万円しか残らないところ、つみたてNISAなら10万円まるまる受取れるという仕組みです。しかも、非課税になる期間は20年間も続きます。

それほどおトクな制度なら、たくさんのお金をつぎ込みたくなるかもしれませんが、つみたてNISAで投資できる金額(年間の投資枠)は、年間40万円まで。つみたてNISAで購入できる金融商品は、少額から始められて長期投資に向いた投資信託が集められていますから、少しずつ長く続けるのが利用方法の正解です。

しかし、年間の投資枠を使い切ろうとすれば、1カ月あたり約3万3000円になります。実際に毎月払うとなると厳しくなることもあるでしょう。

そんな時には、掛け金を減額することができます。

つみたてNISAの積立は、金融機関によっても異なりますが、おおよそ1000円からできます。SBI証券や楽天証券といったネット証券なら100円から積み立てることも可能です。手続きはインターネットで行うので、思い立った時にスマートフォンから気軽に変更できます。

つみたてNISAの非課税期間は20年ですが、積立を始めたら20年間続けなければならない、と言うわけではありません。最大で20年間可能、ということですので、その間いつでもやめたり、お金を引き出したりすることが可能なのです。

積立投資は長期にわたって続けることが利益を上げるコツですが、生活費やその他必要資金が足りなくなるような事態になれば、つみたてNISAの継続にこだわりすぎるのは禁物。時には、思い切ってつみたてNISAをしばらくお休みすることが必要になることもあるかもしれません。優先順位を考えて取り組みましょう。

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)はやめると損

では、iDeCoの場合はどうでしょうか。

iDeCoは、おトクに老後資金を作ることができる制度です。掛金の全額が所得控除の対象になるため、所得税や住民税が安くなります。節税効果が大きいことも人気のポイントです。

掛金は5000円から。上限額は人により異なりますが、最も高額な自営業の人でも月6万8000円までになっています。

もし、掛金を払い続けるのが厳しくなったら、減額することは可能です。ただし、最低金額の5000円より少なくすることはできません。また、減額は1年に1回までなので、金額はよく検討して決める必要があります。

さらに気を付けたいのは、掛金を減額しても口座管理手数料はかかり続けるということです。金融機関によって手数料は異なりますが、最も安いインターネット証券などでも、年間2052円かかり、積み立てたお金から差し引かれます。

掛金の減額ではなく、掛金の支払いを停止することもできますが、iDeCoの口座にあるお金は、60歳までは引き出すことはできません。

この場合は、掛金を停止して運用の指図だけをする「運用指図者」になる手続きをします。資金の運用はできるのですが、口座管理手数料、投資信託で運用をするのであれば信託報酬も差し引かれますので、決してオススメの方法ではありません。

それでも、必要な資金が足りなくなってしまう事態になるようなら、掛金の停止せざるを得ないこともあるかもしれません。

まとめ

つみたてNISAもiDeCoもおトクな制度ですが、そのメリットを生かすには長期継続が基本です。いざとなったらやめる勇気も必要かもしれませんが、たとえ一時的に掛金を減らしたりストップしたりしても、ピンチを脱したあとは再び取り組むようにすることが大切です。

 

[執筆:ファイナンシャルプランナー タケイ啓子]

用語解説
設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード