プロが語る!資産形成のすゝめ

利回りの高い銘柄も

ETFと分配金

提供元:シンプレクス・アセット・マネジメント

TAGS.

ETFには分配金が出る銘柄があります

株は配当を出します。ETFにも配当があります。ETFの配当に相当するものは分配金と呼ばれます。

分配金を出すETFもあれば、出さないETFもあります。ETFの分配金の利回りもまちまちです。分配金の頻度は、年に1回のものが多いですが、半年・四半期・隔月のものもあります。

分配金が出ないETFとは

ETFではない一般的な投資信託が出す分配金のルールと比べて、ETFが分配金を出せる条件は厳しく設定されています。

ETFではない一般的な投資信託では、特別分配金という元本の払い戻しに相当する分配金がありますが、ETFではそのような分配金は出せません。

ETFが出せる分配金は以下のように決められています。

配当・受取利息など-支払利子、信託報酬など費用=分配金

例えばETFが保有している株式の価格がどれだけ上昇したとしても、保有している株から配当がなければ、ETFは分配金を出すことはできません。

そのため、ブル・ベア(レバレッジ・インバース)型のETFは分配金が出ません。ブルベア型ETFは先物に投資をしています。先物からは配当や利息は生まれないので、分配の基となるお金がないためです。

分配金の利回りが高いETFは、配当利回りの高い株に投資しているETF、利回りの高いREIT(不動産投資信託)に投資しているETFなどです。

ETFの分配金をもらうためには

株の配当を受け取るには、権利確定日に株を保有している必要があります。ETFも同様です。ETFの分配金の権利確定日にETFを保有していることで、分配金を受け取る権利を得ることができます。

ETFも株と同様に、売買をして約定する日と実際にETFを受け取る日にタイムラグがあるので、権利確定日の2営業日前の権利付最終日までにはETFを購入する必要があります。

(提供元:シンプレクス・アセット・マネジメント)

注目キーワード