交通系電子マネーにQRコード決済、クレカでもOK?

「マイナポイント」が付与されるキャッシュレス決済サービスはコレ

TAGS.


「キャッシュレス・ポイント還元」が終わったばかりだが、2020年9月から2021年3月にかけて「マイナポイント」という新制度が実施される。マイナンバーカードを持っていることで、キャッシュレス決済で使えるポイントが、利用額の25%(上限5000円分)もらえるというものだ。

「マイナポイント」をゲットするためには、事前の登録が必要で、7月1日からその受付がスタートしている。ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子さんに、登録方法と利用できるキャッシュレス決済サービスについて、教えてもらった。

登録できるキャッシュレス決済サービスは100社以上

「『マイナポイント』の取得には、3つの手順を踏まなければいけません。(1)マイナンバーカードの取得、(2)マイナポイントの予約、(3)キャッシュレス決済の登録です。3つ目のキャッシュレス決済の登録が、7月1日からスタートしました」(川部さん・以下同)

(1)マイナンバーカードの取得、(2)マイナポイントの予約については、前回掲載の下記の記事の通り。今回は、(3)キャッシュレス決済の登録について解説しよう。

<合わせて読みたい!>
最大5000円分の「マイナポイント」取得のため、マイナンバーカード申請は今すぐが吉!

「マイナポイント」を取得するためには、利用するキャッシュレス決済サービスを事前に決める必要があるのだ。ところで、利用できるサービスには、どのようなものがあるのだろう。

「7月1日現在で、約100社のキャッシュレス決済サービスが対象になっています。SuicaやPASMOといった交通系電子マネーにWAONやnanacoといった流通系電子マネー、PayPayやLINE PayなどのQRコード決済、一部のクレジットカードやデビットカードも対象。また、対象となるキャッシュレス決済は、順次増えていくようです」

キャッシュレス決済によって、「マイナポイント」が付与されるタイミングは異なるようだ。いくつかの例を見てみよう。

●Suica
JRE POINTに登録したSuicaにチャージすると、1カ月分の合計チャージ金額の25%相当のJRE POINT(上限5000ポイント)が、翌月上旬に付与される。また、JR東日本の独自キャンペーンとして、「マイナポイント」とSuicaを連携するだけで、もれなくJRE POINT1000ポイントが付与される。

●PASMO
「マイナポイント」実施期間中にチャージ額が2万円に到達すると、到達した月の末日から3カ月後に5000円分のポイントが付与される。期間中にチャージ額の合計が2万円に満たない場合は、期間末日までのチャージ合計額の25%(1円未満切り捨て)分のポイントが2021年6月に付与される。1ポイントを1円として、セブン銀行ATMでPASMOにチャージ可能。

●PayPay
チャージによって、PayPayボーナス(上限5000円相当)がすぐに付与される。また、チャージせずに直接買い物した場合(※)も、購入額の25%のPayPayボーナス(上限5000円相当)がすぐに付与される。
※ヤフーカードを除くクレジットカードは対象外

●楽天カード
「マイナポイント」実施期間中の買い物利用額が2万円に到達すると、通常のカード利用獲得ポイント(100円につき1ポイント)に加えて、5000ポイントが付与される。期間中に利用額の累計が2万円に満たない場合は、累計利用金額の25%分が2021年5月25日頃に付与される。

そのほかのキャッシュレス決済サービスに関しては、マイナポイント事業のホームページでチェックできる。

マイナポイント事業 対象となるサービス一覧
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

決済サービスの登録はスマホ・PCでできる

「利用するキャッシュレス決済サービスを決めたら、マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを連携させるための登録が必要です。マイキーIDの登録と同様に、スマートフォンやパソコンから行えます」

スマホの場合は、「マイナポイントアプリ」を立ち上げ、「マイナポイントの申込」をタップ。マイナンバーカードの読み取りやキャッシュレス決済サービスの選択を行い、画面の指示に従っていけば登録できる。カードの読み取りに対応していない機種では登録できないため、要注意。

パソコンの場合は、「マイナポイント予約・申込サイト」にアクセス。ICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み込み、キャッシュレス決済サービスを選択。スマホと同様に、画面の指示に従っていくと登録できる。

スマホやパソコンが利用できなかったとしても、自治体の窓口や郵便局、コンビニのマルチコピー機といった「マイナポイント手続きスポット」で登録できる。マイナンバーカードと4桁のパスワードに加え、登録する予定の決済サービスのIDやセキュリティコードも必要になるため、忘れずに準備しよう。

一度登録した決済サービスは変更できない!!

登録時の注意点といえるのが、一度登録したキャッシュレス決済サービスは変更できないところ。普段どのサービスを利用しているか、ポイント付与のタイミングはいつか、比較して選ぼう。キャッシュレス決済各社が五月雨式に発表しているキャンペーンのお得度が高いため、その内容もチェックした方がよさそうだ。

「キャッシュレス決済サービスによって、チャージで付与されるものと、買い物などの決済ごとに付与されるものがあります。ポイントの管理が苦手な方であれば、交通系電子マネーやQRコード決済で最初にチャージしてしまい、付与されたポイントもチャージして普段通りに使う方法が、もっともわかりやすいと思います」

現状、登録の期限などは発表されていないが、念のため「マイナポイント」がスタートする直前の8月31日までにキャッシュレス決済サービスを選び、登録を済ませておくと安心だろう。

25%という驚異の還元率を誇る「マイナポイント」。さらに、各社のキャンペーン競争による上乗せで、還元率30~35%になることもあり得る。少しの手続きで受け取ることができるため、手間を惜しまずにゲットしよう!
(有竹亮介/verb)

注目キーワード