子育てにまつわるお金の話

キャッシュレス決済各社のキャンペーン活用で還元率大幅UP!?

FP直伝「マイナポイント」をよりオトクに使う方法

TAGS.


9月1日から「マイナポイント」が始まる。事前にマイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを連携しておくことで、利用額の25%のポイント(上限5000円分)がもらえる制度だ。

実はこの「マイナポイント」、使い方によってはよりお得にポイントをゲットできるという。ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子さんに、「マイナポイント」の上手な受け取り方を伝授してもらった。

キャッシュレス決済各社が驚きのキャンペーンを続々発表!

「キャッシュレス決済へチャージするだけでもポイントが付与される『マイナポイント』では、チャージの工程を複雑にすることで、ポイントの2重取り、3重取りが可能になると考えていました。しかし、キャッシュレス決済各社が、それ以上にお得なキャンペーンを打ち出しているのです」(川部さん・以下同)

「マイナポイント」は還元率25%と、一般的なポイントサービスと比べて還元率が圧倒的に大きいため、それさえ手に入れば十分お得だ。しかし、そこにプラスしてキャッシュレス決済サービス独自キャンペーンのポイントもゲットできたら、さらにお得。

7月上旬時点での川部さんのオススメは、「マイナポイント」専用のキャンペーンを発表している電子マネー、またはQRコード決済とマイナンバーカードの連携。

「クレジットカードを経由してチャージした場合、クレジットカード独自のポイントが付与されます。さらに、QRコード決済にチャージした残高で買い物をすれば、QRコード決済独自のポイントやキャンペーンのポイントも受け取れるのです。クレジットカード会社、QRコード決済会社によってポイント付与の有無や条件は異なるので、『マイナポイント』登録前の確認は必須ですが、うまくいけば1000円分、2000円分の上乗せも大いに考えられる状況になってきました」

例えば、イオンの電子マネー・WAONは、2万円をチャージすると、「マイナポイント」に加え、2000円相当のポイント(2000WAON)がプラスされる。また、交通系電子マネーのSuicaは、「マイナポイント」登録だけでJRE POINT1000ポイントが付与されるキャンペーンを発表。さらに、ビューカードからSuicaにチャージすると、抽選で2500名にJRE POINT2000ポイントが付与されるとのこと。

QRコード決済各社も、キャンペーンを続々と発表している。活用すると、さらにポイントをゲットすることができるだろう。

「マイナポイント」では、1人につき1つのキャッシュレス決済サービスしか選択できず、一度登録したものは変更できない。ポイントサービスの内容をチェックし、慎重に選ぼう。

子どもの「マイナポイント」もゲットして家計の足しに

「『マイナポイント』は全国民が対象なので、マイナンバーカードさえ持っていれば子どももポイントを受け取れます。子どもが15歳未満の場合は、法定代理人である親が代理で手続きを行うことができるんです」

ただし、「マイナポイント」は本人名義のキャッシュレス決済サービスでなければ、登録はできない。子どもが幼く、子ども名義のキャッシュレス決済サービスがない場合は、使えないということだろうか。

「子どもが未成年であれば、親名義のキャッシュレス決済サービスを登録することができるので、子どもの人数分、ポイントをゲットできます。1人当たり最大5000円分ものポイントが付与されるので、子どもへの投資や日々の生活費の足しにしたら、家計がかなりラクになりそうですよね」

親が子どもの「マイナポイント」を登録する場合、注意点があるという。

「『マイナポイント』は、キャッシュレス決済サービス1つにつき、1人までしか登録できません。つまり、1つの交通系電子マネーに、親と子どもの2人が登録するといったことはできないのです。例えば、親は交通系電子マネー、子どもは親名義のQRコード決済で登録するなど、分ける必要があります」

「マイナポイント」そのものもかなりお得な制度だが、賢く使えばさらなるポイント獲得の可能性がある。浮いたお金は無駄遣いせず、生活に必要な買い物や投資に回すなど、有効活用できるとベストだ。
(有竹亮介/verb)

注目キーワード