年を重ねるほどに遠慮がちに

パートナーからの誕生日プレゼントの希望額は? そもそも欲しい?

TAGS.


カップルや夫婦にとって、お互いの誕生日というのは特別な日ではないだろうか。働く会社員は、自分の誕生日にはプレゼントを期待しているのか。パートナーには贈りたいのか。贈りあうとしたら、予算はどのくらいなのか。全国の20〜40代の会社員378人を対象に調査した。

Q. 誕生日にはパートナー(配偶者や恋人)からいくらぐらいのプレゼントが欲しいですか?

5,000円以下 11.6%
5,000円超10,000円以下 18.0%
10,000円超20,000円以下 18.5%
20,000円超30,000円以下 11.5%
30,000円超50,000円以下 5.8%
50,000円超 2.1%
プレゼントはなくていい 22.2%
わからない 10.3%

パートナーがいない人にも、いる場合を想定して回答してもらったところ、「プレゼントはなくていい」「わからない」以外を選んだ人は全体の67.5%であった。少なくとも67.5%の人はプレゼントが欲しいと考えて良いだろう。

希望する金額は1万円~2万円が18.5%で最多となり、僅差で5,000円~1万円の18.0%が続く。5,000円〜2万円を希望する人が、プレゼントが明確に欲しい人の過半数を占めた。

男女別で見ると、「プレゼントはなくていい」としたのは男性の32.8%に対し女性は14.1%であった。2万円以上を希望したのは男性が11.1%に対し女性が26.8%となるなど、希望する予算額も女性の方が全体的に高い傾向にある。

「プレゼントはなくていい」とした人は20代では9.2%、30代では17.3%、40代では30.1%と、世代とともに急増している。他方で、2万円以上のものを贈りたいとした人は20代で30.7%、30代で22.7%、40代では12.9%と急激に減少していく。

それでは、自分から贈る方はどうだろう。

Q. パートナーの誕生日にはいくらぐらいのプレゼントを贈りたいですか?

5,000円以下 9.5%
5,000円超10,000円以下 20.9%
10,000円超20,000円以下 25.1%
20,000円超30,000円以下 15.9%
30,000円超50,000円以下 6.3%
50,000円超 2.1%
プレゼントはしない 7.4%
わからない 12.8%

もらう側では「プレゼントはなくていい」人が22.2%いたのに対し、贈る側では「プレゼントはしない」人は7.4%しかいなかった。「しない」「わからない」以外を選んだ人の割合は79.8%となった。

プレゼントの予算を見ると、最多はこちらも1万円~2万円で25.1%となり、5,000円~1万円の20.9%が続く。プレゼントしない人が少ない分、全体的にパーセンテージが大きくなっているが、5,000円以下とした人だけ逆に2.1ポイント少なくなった。もらう時に希望する金額よりもやや高い方にシフトする傾向が見られる。

2万円以上のものを贈りたいとした人の割合を世代別に見ると、20代で20.3%、30代で18.0%、40代で14.4%となった。こちらも世代が上がるほど少なくなっていくが、もらう時の希望額に比べるとゆるやかな減り方となっている。

男女別では、「プレゼントはしない」人は男性で9.4%、女性で5.6%だった。プレゼントをもらう時の希望額は女性の方が高い傾向であった一方で、贈る時の予算額は男女で大きな開きは見られなかった。もらう時の期待は女性の方が大きいが、贈りたいという気持ちは男女で変わりないようだ。

世代別では、「プレゼントはしない」人は20代で3.1%、30代で7.1%、40代で9.1%となる。こちらも世代が上がるほど多くはなったものの、「くれなくていい」という人の割合に比べると少ない数字にとどまった。他方で、「わからない」とした人が20代で6.2%、30代で11.0%、40代で16.1%と、世代が上がるほど大きな割合を占めるようになり、贈る側の戸惑いの気持ちもうかがえる。

男女ともにパートナーに誕生日プレゼントを贈りたいという会社員が多く、もらう時の希望額よりも贈る時の予算額の方が高くなる傾向であった。

他方で、結婚記念日の調査(下記リンク参照)では世代が上がるほど希望額や予算額が大きくなっていたが、誕生日では逆に世代が上がるほど希望額や予算額は小さくなり、プレゼント自体を望まない人も増える結果となった。

二人で年月を重ねると、自分が生まれたことよりも、二人が結ばれたことの方が大事になってくるのかもしれない。

〈あわせて読みたい!〉
結婚と新生活にかかるお金

(三田祐介)

「あなたご自身に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2020年7月
調査対象:全国20〜40代の会社員
有効回答数:378件

注目キーワード