「いちばんはじめの金融講座」~投信・金融・経済 勉強中!~

第6回 金融リテラシーって知っていますか?

提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント

TAGS.

Q・金融リテラシーって知っていますか?

A・お金に関する知識や理解力のことをいいます

スミタさん:金融リテラシー?ええと、金融の知識のことかな。

タムラさん:最近よく耳にする言葉だよね。金融知識を学ぶことに何か特別な意味でもあるのかな?

スミタさん:うーん。なぜ改めて金融リテラシーという言葉が最近よく聞こえてくるようになったのかしら?何か目的があるのかな?AI-Senseiに聞いてみよう!

金融リテラシーとはお金に関する知識や理解力のことをいうんだよ。特別な意味というか、今後必要不可欠な分野だから耳にすることが多いんだ。

金融リテラシーのことをもう少し詳しく説明すると、自立的で安心かつ豊かな生活を送るために必要な生活スキルの一つであり、お金に対する知識や情報を正しく理解して、自ら判断し行動できる能力のことなんだ。

最近はよくTVなんかでも言われている“人生100年時代”という言葉は知ってるよね。日本人の平均寿命がのびたことで、これからは自分が100歳まで生きるための資産を準備しなければならないんだよ。そのためには金融リテラシーを向上させて、生涯にわたって豊かな人生を送ることをめざそうね!

〈さらに、深堀り!〉

日本人の金融リテラシーのレベルは諸外国と比べるとどうなっているのでしょうか?

以下は金融知識に関する正誤問題正答率を海外調査と比較したものの一部です。日本の正答率はフランス、ドイツ、英国、および米国いずれの国に対しても、複利やインフレを始め多くの項目において大きく劣後しています。

上記のほかでは、金融知識に自信がある人の割合では米国の76%に対し、日本は約1/6の12%でしかなく、日本人が金融の知識に極端に自信がないということが分かります。

また、「お金の運用や管理への注意」で望ましい行動・考え方をした人の割合についてもフランス:89%、ドイツ:87%、英国:75%に対して日本は56%と圧倒的に低くなっています。

ご留意事項
・当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
・ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
・投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
・投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
・当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
・当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。
・当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

(提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント)

注目キーワード