「投資INSIDE‐OUT」

公的年金の運用が過去最大の黒字!~語られざる投資の真実(42)~

提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント

TAGS.

「投資INSIDE-OUT」~語られざる投資の真実~では、マーケットでは知られているもののハッキリとは語られない、でも投資をする上で大切なことを考えていきます。

「赤字」と比べて、「黒字」の報道は目立たないけれど・・・

公的年金の運用を行うGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は7月2日、2020年度の運用実績を公表しました。運用収益額はコロナショック以降の世界的な株高の進行が追い風となり、約37.8兆円と過去最大の黒字となりました。

GPIFは2014年に基本ポートフォリオを見直し、内外株式の比率を24%から50%に引き上げました。図表のとおり、2015~19年度は累計の収益額が伸び悩んだものの、2020年度は米国の主要株価指数の最高値更新が続き、また日経平均株価が一時約30年半ぶりに3万円の大台を回復する中、運用収益が大きく膨らみました。この結果、市場運用を始めた2001年度以降の収益額は約95.3兆円まで積み上がりましたが、これは2014年の見直しの成果と見ることもできそうです。

しかしながら、GPIFをはじめとする「機関投資家」は、運用結果が良いのは当たり前であり、ある期間の収益額がマイナス(赤字)となると批判されることがあります。

(出所)年金積立金管理運用独立行政法人のデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

2019年度のGPIFの収益額は約▲8.3兆円と、リーマンショックがあった2008年度以来の巨額の赤字でした。その当時、「老後の貴重な財産を、大きな振れ幅を伴う可能性がある市場のリスクにさらしたままでよいのか」といった批判的な報道も数多く見られました。

今回の黒字も、収益額には「評価」益が含まれるため、株価が下がれば減る計算となります。赤字の「評価」損が株高で減るのと同じ話です。長期投資を行うに際して、一時的な評価益、評価損の「振れ」だけをとって一喜一憂する必要はないと思われます。

機関投資家と異なり、個人投資家が世間から批判されることはまずありません。少々のことにも慌てず、でんと構えて、長期投資に臨みたいものです。

ご留意事項
・当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが投資判断の参考となる情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
・ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
・投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
・投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
・当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
・当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。
・当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

(提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント)

用語解説
設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード