CME原油先物 上場記念

【9/15・無料】「マーケットの大転換と投資戦略」セミナーのご案内(特別ゲスト ジム・ロジャーズ)

TAGS.

日本取引所グループは9月15日にCQGと共催で、CME原油先物の上場記念として「マーケットの大転換と投資戦略」と題したオンラインセミナーを開催します。

新型コロナウイルスの感染拡大や破壊的な気候変動のリスク、世界経済の先行き不透明感や中東・中央アジアにおける地政学リスクなど、現在、マーケットは大きな岐路に立たされています。また世界各国で脱炭素社会の実現に向けた取り組みが始まっており、長期的にエネルギーのエコシステムが大きく変革しようとしています。

こうした状況において、現在の株式、債券、金、原油、FXといったマーケットに対して、投資家はどのような見通しを持てばよいのでしょう?

この問いへの回答として、本セミナーでは特別ゲストで伝説的な投資家である「ジム・ロジャーズ」氏をお招きし、「ジム・ロジャーズの見る現在の世界情勢とその対応策」と題した特別インタビュー・セッションをご用意いたしました。

参加は無料でPCやタブレット、スマートフォンをご用意いただければどの地域からでもご覧になれます。登録フォームからジム・ロジャーズ氏に事前質問もできますので、ぜひお気軽にご参加ください!

以下がオンラインセミナーの概要、お申し込みリンクとなります。

【CME原油先物上場記念セミナー『マーケットの大転換と投資戦略』】

〇日時:2021年9月15日(水)18:00~19:30(アクセス開始17:50~)
〇形式:オンラインセミナー(ZOOM)(お申込み後、当日のURL・パスワード等をお送りします)
〇言語:日本語(※英語プレゼンは吹替通訳となります)
〇参加費:無料
〇定員:人数制限はありません
〇プログラム:
・オープニング
関 陽子氏(CQG東京支店 マネージングディレクター)
・セッション1:「日本のデリバティブ・コモディティ市場の現在地 ~9/21 CME原油先物上場~」
矢頭 憲介(大阪取引所 デリバティブ市場営業部 課長)
・スペシャル講演:「ジム・ロジャーズの見る現在の世界情勢とその対応策」
スペシャルゲスト:ジム・ロジャーズ氏
インタビュー:ライアン・モロニー氏(CQG CEO)
・セッション2:「原油市場におけるテクニカル・ファンダメンタルズの洞察」
アンソニー・コーヘン氏(CQG プロダクトスペシャリスト責任者)
〇お申し込み: こちらよりお申し込みください(事前登録が必要となります)。

<スペシャルゲストのご紹介>

ジム・ロジャーズ
投資エキスパート・作家

ジム・ロジャーズ氏はアラバマ州デモポリス出身の作家、金融コメンテーター、冒険家、また大きな成功を収めた国際投資家でもあります。
様々な国際的なメディア媒体に取り上げられており、複数のメディア放送でレギュラーコメンテーターとコラムニストを勤めているほか、コロンビア大学の教授でもあります。

ロジャーズ氏はオックスフォード大学に入学後、国際投資ファンドのQuantum Fundを共同設立し、S&Pの収益率が50%以下という投資環境の下、10年間で4,200%の収益率を達成しました。

ロジャーズ氏は37歳で引退し、自身のポートフォリオ運用を続けながらコロンビアのビジネス大学院でファイナンスの教授を務め、また1989年と1990年にWCBSとFNNの番組でモデレーターを勤めました。

1990年から1992年の間では、ロジャーズ氏は生涯の夢であった10万マイル(約16000キロ)にも渡る自転車での6大陸旅行を行い、ギネスブックに掲載されるという快挙を成し遂げました。個人投資家としても、投資アイディアを得るために旅行で訪れた国々を絶えず調査しています。

またロジャーズ氏は1999年にミレニアム冒険旅行を始め、3年間で全世界を巡り、116か国、245,000キロもの旅行を成し遂げ、これはロジャーズ氏の3番目に掲載されたギネス記録となります。

最近では、2018年の2月に“A Gift to My Children, 2nd edition”を中国にて中国語簡体字で刊行、また同年10月には“The Next Big Wave”が台湾にて中国語繁体字で刊行されました。

日本ではベストセラーとして「お金の流れで読む 日本と世界の未来」、「日本への警告」が2019年1月と7月にそれぞれ刊行されています。

〇お問い合せ:セミナー事務局(jpxcqgwebinar@cqg.com

 

(大阪取引所 デリバティブ市場営業部)

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード