誰にでも平等な「時間」どう使う? 賢い時間の使い方5選

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

お金持ちの家は物が少なく、すっきりと片付いています。これは自宅でくつろぐことができ、片づけがなくてもすむ合理的な時間の使い方をしたいからだといわれています。お金持ちになれるかどうかは、収入の違いではなく、小さな習慣の積み重ねとマインドの違いです。お金に好かれるためには、そのお金持ちの習慣をまねることが一番の近道になるでしょう。

今回は、お金持ちの時間の使い方に焦点を当ててみます。

誰にでも平等に与えてられているのが時間

収入の違いに関係なく、誰にでも平等に与えられているのが1日24時間という時間です。しかし、お金は貯められたり、借りることができたりするのに対して、時間は貯められないという根本的な違いがあります。普段は気に留めることが少ないのですが、人には寿命があることから考えると、時間は有限な資産といえます。ですから、その時間を上手に管理できれば、大きな成果を得ることができるといえるでしょう。

お金持ちといわれる人たちは、時間の重要性を理解しています。人生を漫然と過ごすのではなく、どういう人生にしたいか目的を持ち、方向性が定まっています。お金持ちの時間の使い方の特徴を5つ、紹介します。

お金持ちの時間の使い方1:優先順位を考えて行動する

忙しいなかで時間を作り出すには、必要なことに時間を割き、ムダな時間を減らす必要があります。目の前で起こる出来事に次々と対応していると、どうでもよいことに時間を奪われ、忙しいばかりで何もできなかったという経験がある方も多いでしょう。

お金が貯まらない人は、行き当たりばったりで、段取りが悪い傾向があります。一方、お金持ちは優先順位をつけて、計画的に行動します。1日のうちの集中力は限られているので、時間を有効に使うために、優先度の高いものから取り組みます。朝の時間を活用するお金持ちは多いものです。あれもこれもと手を出さず、必要なことから優先順をつけて取り組むことを心掛けています。

お金持ちの時間の使い方2:物事の判断が短時間でできる

時間を有意義に使いたいと思うのなら、ぐずぐず悩んだり、迷ったりする時間は少なくしたいものです。お金が貯まらない人は、自分で判断することが少なく、あれこれ他人に聞いてから決める人が多いようです。お金持ちは意思決定が短時間でできるように、自分なりの評価軸を持っています。自分なりのマイルールを持っていれば「○○さんの場合は、どうしよう」などと悩む必要もなくなります。自分の価値判断の基準がはっきりしていれば、自ずと出てくる答えは決まってきます。

お金持ちの時間の使い方3:やる必要のないことはやらない・時間をかけない

気の進まない誘いや飲み会などは断りづらいものです。行きたくて参加しているのならば、何らかの収穫や得るものもあるでしょう。しかし、自分のしたいことのために時間を優先するのなら、必要のない誘いは断る勇気が必要です。

お金が貯まらない人は、不必要な他人からの誘いを断ることが苦手です。また、普段からコンビニにふらっと行く習慣があり、無意識に買い物をしています。思わず立ち寄れば、買う必要がなかった物まで欲望を刺激されて、ムダな時間とお金を浪費してしまう可能性があります。一方、お金持ちは必要か不必要かで判断しています。冷静に判断して買い物ができれば、不要なものを買うこともありません。

お金持ちの時間の使い方4:やらなければならないことは後回しにしない

締め切りが設定されていて、ギリギリになってからしかやる気が起きないことがあります。しなければならないことを抱えていると、「やらなければ…」というストレスになり、よいパフォーマンスを上げられないこともあります。

お金が貯められない人は、計画性がない場合が多いようです。そればかりか予想もしないアクシデントに見舞われたり、締切日に間に合わなかったりして、あきらめる結果につながることもあります。お金持ちは、幸運を引き寄せるために取り掛かりを早くして、時間と心の余裕を持てるように計画的に取り組んでいます。

お金持ちの時間の使い方5:やると決めたらすぐに行動に移す

光陰矢の如し。「いつかやろう」のいつかは、いつまで待ってもやって来ません。いつから始めるのか、いつまでに達成するのかという期限の設定は、やる気とモチベーション維持させるために大切になります。やると決めたらすぐに行動に移さないと、やらないままで終わってしまいがちです。

お金が貯まらない人は、思っても行動に移すまでに時間がかかります。お金持ちは、時間の重要性が理解できているので、決めたら行動に移すまでに時間がかかりません。資格試験の勉強などの自己投資も思い切って始めます。

お金が貯まる行動・考え方を身につけよう

お金が貯まらない人は、物があるのが心の支えになり、物に執着するあまり先行投資を恐れる傾向があるそうです。物に支出すれば、お金は減ります。お金持ちは、最初からお金持ちだったわけではなく、お金が貯まる行動や考え方をしているからお金持ちになれたといえます。

お金持ちは長い時間をかけてお金を増やしています。それは資産運用であったり、自己投資、時間への投資だったりします。見方を変えると、投資とは「ゆっくりお金持ちになる方法」といえるでしょう。お金持ちになるために有効資産の活用と未来への種まきとして、まずは時間の使い方を見直してみませんか。

[執筆:ファイナンシャルプランナー 池田幸代]

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想や今後読みたい記事のご要望などをお寄せください。
(200文字以内)

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

注目キーワード