「投資INSIDE‐OUT」

学歴と経済予測精度の関係

提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント

TAGS.

高学歴になるほど党派的で独断的な傾向に

一般的に選挙において、有権者は高学歴になり知識が増えれば、客観的な判断ができると見られているかもしれません。しかし、米英での研究※では、有権者は高学歴になるほど党派的で独断的になり、議論と反省によって意見を修正する姿勢を失う傾向があると指摘されています。要するに、自身の考えを簡単には修正しないということです。

その理由は、有権者は知性や教養を自らの信念を合理化するための道具としているためと言われています。高学歴で知識や分析力に優れた有権者は、一般的な人が誤りを認めざるを得ないような状況においても、自分の信念を裏付ける情報や合理化する手段をより多く蓄積していると考えられるのです。

※Hannon, M. 「Are Knowledgeable Voters Better Voters?」(2022)

上記のような傾向が見られるのは、エコノミストの世界でも同様かもしれません。日本経済研究センターが毎年行っている経済予測調査(ESPフォーキャスト調査)では、予測精度が優れていた上位5名を表彰していますが、過去17年を通して特に表彰回数が多い上位2名のエコノミストは、経済学部以外の出身です。また上位5名に修士や博士はいません。

もともと、日本の民間エコノミストは学士の割合が高いのですが、近年では海外有名大学などで経済が専門の修士・博士号を取得したエコノミストも増えてきています。それでも、そういったエコノミストが優秀フォーキャスターとしてあまり名を連ねていないということは、自身の持つ見解に囚われてしまい、データに基づき予測を修正・改善する姿勢を失っている可能性があるのかもしれません。

一方、経済指標の数値が当たるエコノミストが優秀であるというほど単純なものでもありません。しかし投資の世界で必要とされているのは、高名なエコノミストの「ご託宣」や「言い訳」ではなく、やはり現実を数字として予測できる能力が重視されると言わざると得ないでしょう。

受賞回数が最多のエコノミストは、経済予測をする上で心がけていることとして、「自分の予測の誤りを認めたくないという心理から、どうしても結論ありきでデータを評価してしまいたくなるが、これは避けなければならない。過去の自分の予測に縛られず、あくまで冷静に、客観的にデータを評価することが大切だと思う。その結果、自分の予測が間違っていたことが分かれば、柔軟に予測を変更することも必要だろう」と述べています。

今後、日本でも様々な学歴のエコノミストが出てくると思われますが、大事なことは、より柔軟に経済を分析・予測する姿勢であると言えそうです。

ご留意事項
・当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが投資判断の参考となる情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
・ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
・投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
・投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
・当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
・当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。
・当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

(提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント)

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想や今後読みたい記事のご要望などをお寄せください。
(200文字以内)

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

注目キーワード