子育てにまつわるお金の話

セミナーマネ部!特別企画

申真衣さんと語る「育児と資産形成の両立と、これからの子どもたちへ贈る金融経済教育とは 」

TAGS.

育児と資産形成の両立は、子育て世代にとって将来を考える上でも重要なテーマの一つではないでしょうか。

今回、GENDA代表取締役社長であり2児の母、そして子育て中の30代女性向けファッション&ライフスタイル雑誌「VERY」の専属モデルも務める申真衣氏と、経済番組で活躍中のフリーアナウンサーであり1児の母でもある八木ひとみ氏による、「育児と資産形成の両立と、これからの子どもたちへ贈る金融経済教育とは」をテーマとしたトークセッションを開催いたしました。

家庭においてどのように金融経済教育に取り組んでいるか、NISA制度の有効活用法、また投資が怖いと思っている方も少なからずいる中でどのようなマインドで資産形成をしていくと良いかなどなど、様々なテーマでお話ししている20分程度の動画です。

第一線で働く子育て世代のママが、資産形成についてどのように考えて取り組んでいるのか、動画を見て参考にしてみてはいかがでしょうか。

【ゲスト】
申 真衣(しん まい)
株式会社GENDA 代表取締役社長
大学で金融工学を学び、外資系金融機関に入社。金融商品開発に11年間携わった後、2018年に現在の株式会社GENDAを起業し、2019年より同社代表取締役社長。2023年7月に同社上場(東証グロース市場)。私生活では2児の母であるとともに、女性向けファッション雑誌の専属モデルも務める。

【モデレーター】
八木 ひとみ(やぎ ひとみ)
フリーアナウンサー
岡山県出身。大学卒業後、山口朝日放送にアナウンサーとして入社。2011年、フリーになり「TBSニュースバード」のキャスターに。14年からは日経CNBCのキャスターとして、日々マーケットと向き合う。17年にはNHK-BS1「経済フロントライン」のキャスター、18年からは現在もメインキャスターを務めるBSテレ東「日経モーニングプラスFT」に出演中。2023年3月には早稲田大学大学院経営管理研究科の修士課程を修了。大手から新興企業まで多くの経営者との交流がある。

(東証マネ部!編集部)

お話を伺った方
申 真衣
株式会社GENDA 代表取締役社長
大学で金融工学を学び、外資系金融機関に入社。金融商品開発に11年間携わった後、2018年に現在の株式会社GENDAを起業し、2019年より同社代表取締役社長。2023年7月に同社上場(東証グロース市場)。私生活では2児の母であるとともに、女性向けファッション雑誌の専属モデルも務める。
用語解説

"※必須" indicates required fields

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想や今後読みたい記事のご要望などをお寄せください。
(200文字以内)

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

注目キーワード