専門家2人が語る「激論!アクティブ投信の最新事情」

TAGS.

東京証券取引所は、2019年7月31日(水)に講師として、セゾン投信株式会社代表取締役社長 中野晴啓氏、楽天証券経済研究所ファンドアナリスト 篠田尚子氏を迎えて、『+YOU特別企画「激論!アクティブ投信の最新事情」』を開催いたしました。

本セミナーでは、初めて資産運用を検討しようとする方にとっての投資信託について、多岐に渡る分析や評価を通じ、世間に広まる投資信託の「常識」にメスを入れ、新たな視点での提言を述べられている専門家2人によるそれぞれの投資信託の「新常識」を解説するとともに、両人の考える「よい投資信託」について、激論を交わしていただきました。

第一部では、篠田氏と中野氏の両名から投資信託の中でも、アクティブ運用の投信について、どのような点に留意して選択するのか、その心構えなどについて、解説していただきました。

「常識」からの脱却

篠田氏からは、ファンドアナリストの着眼点を挙げつつ、「その投資信託の『常識』、間違っていませんか?」という問いかけからはじまり、近著「【最新版】本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」(SBクリエイティブ)にも取り上げているアクティブファンドについて、幾つかの実例を解説しながら、「『投資信託を選ぶにあたってダイヤの原石を探そうとしない』、『ファンドマネージャーは5年先を見ており、5年がひとつの目安』、『積立投資での購入頻度を増やしてもリターンに大きな差は生じない』、『積立に必要不可欠なのは資産分散と時間分散の組み合わせ』、『ポートフォリオは少ない本数でも完成できる』」など、投資信託の選び方や運用の考え方について、歯切れの良い説明がされました。

(「ポートフォリオはシンプルにして良い」と語る篠田氏)

誤解されている「アクティブファンド」

今年春に「いま選ぶべきアクティブ投信この8本!」(日本実業出版社)を上梓した中野氏からは、「アクティブファンド(投信)の迷信から目覚めよ」と題し、セゾン投信の理念をつたえつつ、市場で広まるアクティブファンドに対する迷信を解いていくとして、これまでのアクティブファンドの問題点を指摘し、問題があるアクティブファンドを見抜くための視点を伝えつつ、「『リスクの数字を低く抑えられるアクティブであれば、ローリスク・ハイリターンのポートフォリオを作る事ができる』、『インデックスファンドに劣らないアクティブファンドは数多くある』、『成熟した経済の投信が必要になっている』、『世界経済の成長を取り込めれば合理的なリターンが見込める』、『テーマ型投資信託がなぜ長期投資に不向きなのか』など、ホワイトボードを用いながら、アクティブファンドを取り巻く状況や「生活者であり投資家である私たち」が考えるべきポイントについて力強い説明がされました。

(「生活者兼投資家として責任を持って資金を動かす必要がある」と語る中野氏)

2人の専門家のアクティブファンドについて深堀りされていく解説を聞きながら真剣にメモを取っている参加者も多く、会場が大きな熱量に包まれていく様子が伺えました。

価値観共有の必要性

第二部として、中野氏・篠田氏のパネルディスカッションが行われました。

ここでは「『アクティブ投信では運用者の理念と哲学や価値観を共有するとともに個人投資家に出来ないことをプロが行うことを理解することが必要』、『投信は手数料が安ければよいということではなく、ファンドマネージャーの仕事の価値に見合った適正なコストを見極めることが重要』、『投資信託による投資には、未来への志といったロマンに対する実感を持って参加して欲しい』との意見交換がされました。

積極的な情報収集が求められている

質疑応答では、AI投資の可能性についての質問に対し、「『AI投資のプレゼンスは今後一気に高まっていく可能性があるが、現状は、まだまだ発展途上』、『リーマンショックのような暴落時は人間が運用するアクティブファンドしか乗り越えられない。現状のAIは下落トレンドを察知し売ってしまう』」など、今後の課題について言及されました。

また、どの運用会社を選べばよいかについての質問については、「『運用担当者の淘汰も始まっており、運用会社の情報をしっかり得ることが重要』、『インターネットを活用して、充実してきている運用会社のホームページを見て欲しい』」など、自ら情報を得ていく姿勢の大切さについて解説されました。

参加者からの反応

セミナー終了後のアンケートでは、「非常に魂のこもったお話で貴重な機会を得られた」、「結論をはっきり言ってくれたので内容の濃いセミナー」、「インデックスファンド全盛の時代にこういうセミナーは聞き応えがある」などの感想のほか、「ファンドアナリストを主としたセミナーを増やして欲しい」など、アクティブファンドにより強い関心を示す内容の感想も寄せられました。

東京証券取引所では、今後もさまざまなテーマでセミナーを開催し、個人投資家の皆様へ幅広い情報の発信を行ってまいります。

■セミナー開催概要
日時:2019年7月31日(水)19:00~20:30
会場:東証ホール
対象:一般

 

(東証マネ部!編集部)

注目キーワード