最新ポイント活用術を徹底解明!こんなにお得!? 誰でも、手間なし、やらなきゃ損!

提供元:楽天証券(トウシル)

TAGS.

※この記事は2019年7月18日にトウシルサイトで公開されたものです。

投資でお金を増やしたいという皆さんにもぜひ知ってほしいポイント活用術。略して「ポイ活」。

ポイントなんて…と侮るなかれ!普段の買い物で付与されるポイントを効率的に貯めることができたら、収入UPと同じ効果を期待できます。

企業が行うアンケートに回答することで、ポイントを稼ぐ「ポイ活」や、ゲームをしてポイントを稼ぐ「ポイ活」などもありますが、今回はいつもの買い物がお得になる手間なし「ポイ活」に特化して、4つの方法をご紹介します。

クレジットカード利用で「ポイ活」!

現金での支払いは単にお金が出ていくだけですが、クレジットカードで支払うとポイントが貯まります。

ただし、クレジットカードなら何でもいいわけではありません。クレジットカードを選ぶにも、3つのルールを押さえることが大事です。

ルール1:年会費無料のカードを選ぶべし

年会費が数千円もあれば、無料もあります。また、初年度のみ無料や、クレジットカード利用によって、翌年は年会費無料になるものなどさまざま。せっかく得たポイント利益を減らしてはもったいないので、年会費は無料のものを選びましょう。

ルール2:還元率1%以上のカードを選ぶべし

もう1点、押さえたいことは付与されるポイントの還元率です。利用額に対して1%以上還元されるカードを選びましょう。年間10万円利用した場合、還元率0.5%だと500ポイントですが、還元率1%だと1,000ポイント付与されます。たった0.5%の差でも利用金額が大きくなるとその差は歴然です。

ルール3:現金同様に使えるカードを選ぶべし

ポイントがたくさん貯まっても、そのポイントをしっかり使えなければ意味がありません。貯まったポイントを景品と交換という仕組みもありますが、やはり使いやすい1ポイント=1円のように現金同様に使えるものを選びましょう。

年会費がかかるけれど還元率が高いカードはどうする?

年会費がかかる代わりに指定店舗での買い物が高還元率となるクレジットカードがあります。その場合、いくら使えば年会費と同額のポイントがもらえるかを計算し、元が取れるなら導入してもよいでしょう。

例えば、年会費2,000円で還元率10%の場合、2万円利用すると2,000ポイント付与されます。2万円を超えて利用するなら、使った方が得ですが、2万円程度なら、プラスマイナスゼロになってしまうので、年会費無料で還元率1%のカードで十分ということになります。

そして、カードが増えると管理が大変になります。使っていないのに年会費だけ引き落とされたり、せっかく貯めたポイントが失効してしまっては意味がありません。元がとれるかどうか分からないなら、還元率1%のクレジットカード1枚に集約しておいた方が無難です。

話題のスマホ決済でポイント二重どり

今話題のスマホ決済は実はお得がいっぱいです。

クレジットカードでチャージした上で決済すると、クレジットカードのポイントとスマホ決済によるポイントの両方が付与され、ポイントの二重どりができます。

さらに割引クーポンや20%還元といった高額還元キャンペーンなども充実しています。キャンペーン実施期間や対象店などはアプリによって異なりますので、キャンペーン情報にアンテナを張り、よりお得になるアプリをその都度選んで利用しましょう。

ネットショッピングはポイントサイト経由で「ポイ活」!

ネットで買い物をするときにはショッピングサイトやネットショップに入る前に必ずポイントサイトを経由しましょう。それだけでポイントが2倍、3倍と増えていきます。ポイントが2倍、3倍になる流れを説明します。

1:ポイントサイトからショッピングサイトに入ると、ポイントサイトのポイントGET

2:ショッピングサイトで買い物をする→ショッピングサイトのポイントGET

3.クレジットカードで決済をする→クレジットカードのポイントGET

この方法なら、同じものを買ってもポイントが3倍付くことになります。

ポイントサイトもいろいろありますが、自分が貯めたいポイントと同じポイントが付与されるポイントサイトを選ぶとポイントが貯まりやすく、管理もラクにできます。

店舗での買い物はカード2枚で「ポイ活」

コンビニやカフェなどで支払いをするときは、ポイントカードを2枚出す、またはポイントカードとクレジットカードの2枚出すことを意識しましょう。

ポイントカードがダブルで貯まるお店や、ポイントカードとクレジットカードのポイントがダブルでもらえるお店もあります。

ダブルでポイントがもらえないお店もあるのですが、支払い時に意識するだけでポイントの取りこぼしがなくなります。

例えばドラックストアの「トモズ」では、「トモズカード」と「ポンタカード」のどちらにもポイントが付与されます。さらにクレジットカードで金額チャージして、スマホ決済で支払うとクレジットカードポイントとスマホ決済のポイントも付与されます。この場合にはなんとポイントの四重どりです。

いかがでしたか。普段のお買い物がお得になる手間なし「ポイ活」術。消費増税後にはキャッシュレス決済の場合に、ポイント還元されることになっています。今やポイントは一つの収入源と言えるかも!?

ぜひポイントに敏感になってお得ライフを送ってくださいね。

 

(FPフローリスト ファイナンシャルプランナー 橋本 絵美)

注目キーワード