いつのまにか使いすぎていない?

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ5つの方法

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

消費税の増税にともないキャッシュレス還元が始まり、キャッシュレス決済をする機会が増えている人もいることでしょう。しかし、一方では使い過ぎてしまう「キャッシュレス貧乏」が怖いという声も変わらずあります。

その理由はずばり、いくら使ったかがわからなくなるから。ですから、あらかじめ使い過ぎないルールを決めておけばいいのです。

今回はキャッシュレス貧乏を防ぐための5つの方法をお伝えします。

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ方法1:使うキャッシュレスの方法を限定する

キャッシュレス決済にはクレジットカード、デビットカードに加え、プリペイドカードなどの電子マネー、QRコードを使ったスマホ決済など数多くの種類があります。どれを使ったらいいのかわからないという声もよく聞きますが、基本的には自分が一番使いやすいと思うものがいいと思います。

しかし、あまり数多くのものを使うと管理ができなくなり、使い過ぎになってしまう可能性があるので、2つ程度に限定しておいたほうがいいでしょう。

例えばかざすだけで決済できるSuica・PASMOなどの交通系電車マネー、楽天Edy・iDなどのおサイフケータイ、PayPay・LINE Payなどのスマホ決済の中から2つ程度、という具合です。キャッシュレス決済は店舗により使える決済方法が違うので、できるだけ多くの店舗に対応しているものを選んでおくといいでしょう。

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ方法2:使う金額を予算化して決めておく

家計の管理をするときに袋分けなどして予算を決めるのと同じように、キャッシュレス決済でも予算を決めることはとても有効です。

食費・交通費・雑費…などと細かい予算を決める必要はありません。1か月間のキャッシュレス決済で使う分だけを予算化しておきましょう。

電子マネーやスマホ決済など、先にお金をチャージする前払い方式の場合、予算を決めてそれ以上チャージしなければ使い過ぎを防ぐことができます。

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ方法3:オートチャージを使わない

キャッシュレス決済で使い過ぎになる理由の一つに、オートチャージがあると思います。オートチャージは、チャージ金額が一定金額を下回ったときに、あらかじめ決めておいたクレジットカードや銀行から自動でチャージをしてくれる便利な機能。ですが、いつチャージしたのかわからず、気がついたら「こんなに使っていたの?」と驚いてしまうこともあります。

ですから、あえてオートチャージは使わず、毎月決まった金額だけをチャージするようにして、それ以上は使わないようにしましょう。

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ方法4:スマホの家計簿アプリと連動させておく

「いくら使ったかわからない」という不安を解決するためには、マネーフォワードMEやZaimなどの家計簿アプリと連動させておくといいでしょう。

銀行やクレジットカード、おサイフケータイやスマホ決済と連動させておけば、お金を使うたびに記録され、1日に使った金額や1か月で使った金額をカレンダーで確認することができます。また、使った項目も登録しておけば、1か月の支出の傾向も円グラフなどで確認することができます。

キャッシュレス貧乏を絶対に防ぐ方法5:ポイントに踊らされず即時決済でチャージする

キャッシュレス決済のメリットのひとつに、ポイントがついておトクになるということがあります。キャッシュレス決済のポイントに加えて、クレジットカードなどからチャージするとクレジットカードのポイントももらえてダブルでおトクになったりします。

しかし、クレジットカードの支払いは翌月以降になることがほとんどです。収入と支出のタイミングがずれるために管理がしにくいというデメリットもあります。

キャッシュレス決済の支出管理をしっかりと行いたいのであれば、その場で銀行の残高に反映される、デビットカードや銀行口座からのチャージにしておく方がいいでしょう。

まとめ

キャッシュレス貧乏を防ぐには、「お金を使っている」としっかりと意識することが大事です。お財布から現金を支払わなければ、お金を使っている意識が低くなるのは当然ですが、キャッシュレス決済であっても当然、使えばなくなります。しっかりと使ったことを意識するようにしましょう。

 

[執筆:ファイナンシャルプランナー 黒須かおり]

注目キーワード