キャッシュレス貧乏は防げる!

「キャッシュレス貧乏」はありえないと断言できる3つの理由

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

電子マネーや〇〇Payなど、現金以外での決済方法が増えています。ポイント還元などのメリットも多く、取り入れている人も多いでしょう。

その一方で、使いすぎて「キャッシュレス貧乏」になってしまうのでは、と心配する声も聞こえてきます。しかし、ポイントをおさえて利用すれば大丈夫。今回は、キャッシュレス貧乏になることはありえない、3つの理由をお伝えします。

キャッシュレス貧乏にはならない理由1:チャージした分しか使えない

ひとつめの理由は、電子マネーや○○Payといったキャッシュレス決済は、チャージした分しか使えないことがあげられます。つまり、使っていい金額しかチャージしておかなければ、それ以上には使いようがないので、使いすぎる心配もないというわけです。

そのためには、使っていい金額=予算を決めておくことが大切。キャッシュレスは様々なシーンで利用できますが、コンビニとランチはキャッシュレス決済を使う、などと決めておき、ひと月分ごとにチャージをしておくと予算管理がしやすくなります。そして、予算はしっかり守り、追加チャージはしないことです。

これが、クレジットカードで自動チャージ(オートチャージ)をしていると予算管理は難しくなります。自動チャージとは、残高が一定金額より少なくなると自動的にクレジットカードでチャージをするというもの。こうしておけば、支払いの時に残高不足にならない点は便利ですが、これではいくら使っても残高はなくならず、使いすぎてしまう危険性大です。

しかも、クレジットカードの請求書を見ても、一定額のチャージ履歴が並ぶばかりでは、いったい何にどれだけ使ったかがわかりにくく、翌月の予算設定にも役に立ちません。

キャッシュレス決済でも現金でも、支出は予算を守ることが家計管理の基本です。まずは予算をしっかり立てましょう。キャッシュレス決済ならチャージした分しか使えないので、予算をしっかり守ることができますね。

キャッシュレス貧乏にはならない理由2:予算管理が簡単

予算を守ることは大切ですが、思いがけない出費はよくあること。なかなか予定通りにいかないことも珍しいことではないでしょう。

そんな時でも、キャッシュレス決済では利用残高がスマートフォンなどで確認できる点が便利です。現金同様、「あといくらあるか」を確認しやすく、しかもお財布をのぞかなくてもできるので、気になった時にすぐ確認できます。

予算管理をしっかりするには、使っていい残りのお金を把握して、その範囲内で使うことが大切。現金でも同様ですが、キャッシュレス決済なら残高の把握がしやすいので、予算管理も簡単です。

予定外の出費が続いたら、月の途中でも予算の見直しをするといいでしょう。たとえば、飲み会=交際費が予定よりも多くなったら、ランチ代=食費を節約してトータルで赤字にならないように調整する、という具合です。

その場合、ランチ代に使うキャッシュレス決済の残高を調整できるといいのですが、いったんチャージすると現金に戻しにくいことが少なくありません。チャージは月に1回よりも、月の前半と後半に分けてすると、状況に合わせて調整できるのでオススメです。

キャッシュレス貧乏にはならない理由3:予算を立てやすい

お金を使うときにも、PDCAサイクルの考え方を取り入れると管理しやすくなります。PDCAは、さまざまな企業でも取り入れられている手法なので、知っている人も多いでしょう。

PDCAは、次の単語の頭文字をとったものです。

P=Plan(計画)
D=Do(実行)
C=Check(評価)
A=Action(改善)

家計管理に置き換えると、Plan(予算を立てて)→Do(お金を使い)→Check(予算を守れたかなど振り返り)→Action(次の予算づくりに生かす)→そしてまたPlan(予算を立てる)、というサイクルになります。

つまり、予算を立てて使うだけでは不十分。振り返りをして、次の予算づくりをさらに良いものにしていくことが大切です。

振り返りには、家計簿を使うのが従来からある方法ですが、つける時間がなかったり、計算が合わなくて挫折したり、なかなか続かない人も多くて誰にでもできることではありません。その点キャッシュレス決済なら利用履歴が残るので、何にいくら使ったのかを振り返ることがしやすくなります。

予算に無理がなかったか、ムダづかいはなかったかなどを確認して、翌月の予算づくりにいかしましょう。

まとめ

キャッシュレスでもキャッシュレスではなくても、使いすぎる原因は同じです。つまり、予算管理をせずに使いたいだけ使ってしまったり、そもそも予算を立てなかったりすると、使いすぎてしまいがちです。

1カ月で使っていい金額を定め、食費や美容費などの項目ごとに予算を考え、そして予算の範囲内で使うようにしましょう。キャッシュレス貧乏になるかどうかは、使い方次第なのです。

 

[執筆:ファイナンシャルプランナー タケイ啓子]

用語解説
設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード