同じようで違う「10%」

10%のポイント還元と10%の現金値引き、お得なのはどっち?

提供元:Mocha(モカ)

TAGS.

私たちが店舗やネットで買い物をする時に、ポイントをもらったり使ったりすることは、すっかりお馴染みとなりました。ポイントが貯まっていくのが嬉しくて、せっせと「ポイ活」に励んでおられる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ポイント還元と現金値引きのどちらがお得なのかを見ていきたいと思います。

10%ポイント還元と1割現金値引きの場合、どちらがお得?

家電量販店を例にして見てみましょう。近頃は、商品を購入するとポイントで還元してくれる店が大半を占めますが、中には現金値引きを行っている店もあります。

では、あなたが10万円のエアコンを購入するとしましょう。A家電量販店は商品を購入すると、10%のポイント還元があります。そして、B家電量販店では1割の現金値引きを行っています。率はどちらも同じ10%ですが、A店とB店、一体どちらで購入した方がお得になるのでしょうか。

まず、ポイント還元を行っているA店で見てみましょう。購入時に10万円を支払うと、10%、1万円分のポイントが還元されます。この1万円分のポイントはエアコン購入当日には使うことが出来ないケースが多いですので、後日使うかそのまま貯めておくことになります。

では、後日その1万円分のポイントを買い物で使ったとしましょう。A店で二回に分けて買い物をして使った金額は、

1回目:エアコン購入…10万円
2回目:別の商品の購入…1万円(ポイントとして還元されたもの。つまり、A店からもらったもの)

1回目と2回目の支払額は、10万円+1万円=合計11万円です。本来11万円払うはずだった買い物が、10万円の支払いで済んでいますので、1万円が値引きされたことになります。よって割引率は、1万円÷11万円=約9.1%となります(ポイントを使用して買い物をする際には、ポイント還元は無いという前提で計算しています)。

一方、現金購入の場合の割引率はどうでしょうか。10万円のエアコンを買ってその場で1割値引きをしてもらえますので、10万円―1万円=9万円をお店に支払うことになります。本来10万円支払うはずだった買い物が、9万円の支払いで済んでいます。よって割引率は1万円÷10万円=10%となります。

計算してみると分かるように、実はポイント還元よりも現金値引きの方がお得なのです。

ポイント還元には落とし穴がある

さらにポイント還元にはいくつかの落とし穴があります。

ポイント還元を行っているA店で還元されたポイントは、後日使う時には当然ながらA店のみでしか使えません。そして貯まったポイントを使って商品を購入しても、その時にはポイントは還元されません。せっかく貯めたポイントなのに、使って買い物をすると残念なことに還元は一切無いのです。

では現金値引きを行っているB店はどうでしょうか。B店では購入時にはいつでも10%値引きをしてくれます。現金で支払えば、毎回必ず値引きされるのです(クレジットカード支払いでも値引きされる店もあります)。つまり、現金値引きを行っている店は取り損ねがなく、ポイント還元を行っている店よりも値引き率が高いのが分かりますね。加えて、現金は使い先を限定されるポイントと違って流動性がありますので、値引きで浮いたお金は他の店で使うことが可能です。

「高額な商品を購入する時に使おう」と、せっせとポイントを貯めている方もきっと多いことでしょう。しかし、残念ながらポイントには利息というものが付きません。いくら貯めてもポイントは貯まった分のポイントでしかありません。

さらに、ポイントの利用には期限が設けられていることが一般的ですので、使い忘れて無効になってしまうという悲劇も起こりえるのです。なので、ポイントはさっさと使ってしまった方が良いということになります。

また、クレジットカード支払いの場合には、その店オリジナルのクレジットカードではないカードを利用した際には、「10%のポイント還元ではなく8%」などと、少なくなる店もあります。

ポイントには利息は付きませんが、仮に現金値引きの店で値引きしてもらった分の現金を金融機関に預ければ、少ないとはいえ利息が付きます。

ポイント欲しさに無駄遣いしていませんか?

人間は、「払う」よりも「もらう」方が嬉しく感じるものです。しかもそれがタダでもらえる上に、貯めれば貯めるほど次回の買い物で高額商品が買えるときたら、喜んで貯めますよね。買い物の度にポイントが貯まっていくのは、預金通帳に預金が増えていくようなイメージと近いですね。日本人はコツコツ貯めるのが好きな国民性なので、ポイント還元が浸透しやすいところもあるのかもしれません。

しかし、これは売る側の戦略でもあるのです。もしあなたが貯めたポイントを有効期限内に使わずに無効になってしまったら、その失われたポイント分はお店、つまり売る側が得をすることになります。

さらに、消費者はポイント欲しさにその店で積極的に買い物をします。「ポイント2倍キャンペーン」などという案内がくると、踊らされてつい、買う予定の無かったものまで買ってしまった、なんてこともありますよね。これでは、まさに売る側の思うつぼと言うわけです。

このように、使わないポイントや無駄遣いのリスクを考慮すると、ポイント還元よりも現金値引きの方が明らかにお得なのです。

まとめ

私たちの財布の紐をゆるめようと、あの手この手で罠が仕掛けられています。まんまと乗せられて、気が付かないうちに損をしていることがあるかもしれません。ポイント欲しさに高い店で買うより、きちんと熟考してから安い店で買うようにしたいものですね。

[執筆:ファイナンシャルプランナー 小河由紀子]

注目キーワード