安定か気楽さか

分譲か賃貸か、住居はどちらがいい? 結果はダブルスコアで…

TAGS.


住み続けるなら分譲物件と賃貸物件のどちらが良いのかは多くの人が悩む問題ではないだろうか。この永遠の問いを会社員はどう考えているのか、全国の20〜40代の会社員552人を対象にホンネを聞いてみた。

Q. 自分で住むために、分譲物件の購入と、賃貸物件の家賃を払うのでは、どちらを希望しますか?

分譲物件購入(住宅ローンや借入金返済含む) 60.3%
賃貸物件で家賃を払う 29.6%
その他 10.1%

会社員の6割強が分譲物件購入を希望しており、賃貸希望者の倍以上となった。持ち家志向の高さがうかがわれる。

分譲物件の希望者は未婚者では49.4%、既婚者では75.4%であった。さらに、子どものいる既婚者では80.2%と圧倒的多数となった。やはり結婚して子どもを持つと持ち家が欲しくなるようだ。

世帯年収で見ると、分譲物件を希望する会社員は300万円未満で39.4%、300万円〜700万円で61.4%、700万円超で71.0%となった。世帯年収が300万円を超えると分譲物件を考える人がぐっと増えた。

分譲物件を希望する人たちの理由を見てみよう。

「賃貸は高齢になった時借りにくい」(女性、40代)
「マイホームを持ちたいから」(男性、20代)
「その方が得だと感じる」(男性、40代)
「家賃をいつまで払えるかわからない」(女性、40代)
「契約更新を考えず安心して住みたいから」(女性、40代)
「ペットが飼えるから」(女性、40代)
「資産が欲しい」(女性、20代)
「土地代もふくむため」(女性、30代)
「分譲の方がお得だと思うから」(女性、20代)
「本当は賃貸がいいが、田舎なので、子供がそれぞれの部屋を持てるようなファミリー向けの賃貸がほとんど無いため」(女性、20代)
「田舎に住んでいるので、家庭菜園などをやりたいから」(女性、20代)
「退職後に家賃を払い続けないといけないと思うと気が重くなるので」(男性、30代)
「持ち家という安心感があるから。困ったときに売りに出したらまとまった資金になるから」(男性、30代)
「老後は手直し程度で安心して住み続けられる家が欲しいから」(女性、30代)

経済的な有利さ、資産としての価値、住環境の快適さや安定などが分譲物件を希望する理由として多かった。老後を視野に入れて考えている人が多いようだ。

子どもがいると持ち家志向は明らかに高いという数字が出ていたが、理由として子どもを挙げた人はごくわずかであった。

賃貸物件を希望する人たちの理由の方はどうだろうか。

「ローンが組めなそうだから」(男性、40代)
「管理費、維持費がかからないから」(女性、20代)
「気楽でいいから」(女性、20代)
「今のままで不具合がないから」(男性、40代)
「近所に変な人がいたら転居したいから」(女性、20代)
「持ち家はメンテナンスが面倒だから」(女性、40代)
「管理負担をリスクヘッジしたい」(男性、40代)
「まだ貯蓄がないから」(女性、20代)
「夫の転勤がある為」(女性、20代)
「不動産があると相続するとき困るから」(女性、30代)
「いつ死ぬかわからないので、ローンは組みたくないです」(女性、40代)
「独り身なので」(女性、30代)
「いろいろな場所に住みたい」(男性、20代)
「好まない環境が近くに訪れた時や、災害などに見舞われた時、フットワーク軽く転居できるため」(女性、40代)

賃貸の希望者は世帯年収300万円未満の層に多いという結果であったが、資金不足を理由として挙げる人はそれほど多くなかった。いつでも引っ越せることや維持管理が楽なことなどにメリットを見出している会社員が多いようだ。

また、日本の災害の多さを理由として挙げる人も目立った。日本の住宅は欧米に比べると寿命が短いとされているが、そのことも影響しているのかもしれない。

Q. 希望する住居の費用負担として毎月いくらまで許容できますか?

3万円以下 13.4%
3万円超5万円以下 24.8%
5万円超7万円以下 31.5%
7万円超10万円以下 21.4%
10万円超15万円以下 6.0%
15万円超 2.9%

3万円〜10万円の範囲の回答が全体の77.7%を占めた。賃貸を希望する人に限ると85.9%が3万円〜10万円に収まり、極端に安い額や高い額を想定する人は少ないという結果になった。賃貸に住み続けたい人はより現実的な志向を持つ傾向にあるのかもしれない。

まとめると、会社員では分譲物件を希望する人が多く、世帯年収が300万円を超えたあたりから特にその傾向が強くなった。分譲物件の希望者は経済的な有利さや老後の安心などを重視する人が多く、賃貸物件の希望者はフットワークの軽さを肯定的に捉えている人が多かった。収入や家族の増加などで考えが変わるかもしれないので、備えておくに越したことはないのではなかろうか。

〈あわせて読みたい!〉
全国調査!住居費にいくらかけていい?
「賃貸 VS 持ち家」不動産論争2019

(三田祐介)

「お金に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2020年6月
調査対象:全国20〜40代の会社員
有効回答数:552件

注目キーワード