お金を多く使うのは……

ビジネスパーソンの健康づくりの実態。費用はどのぐらい?

TAGS.


多忙な会社員生活を送っているとどうしても不摂生になってしまったりするかもしれないが、元気に長く働き続けるためにもやはり体が資本。会社員はどのように健康づくりを行い、どの程度費用をかけているのだろうか? 全国の20〜50代の会社員462人を対象に調査した。

Q. 自分は健康だと思いますか?

とても健康 14.5%
まあまあ健康 50.6%
どちらとも言えない 22.6%
やや不健康 9.3%
とても不健康 3.0%

半数以上の会社員は自分が「まあまあ健康」と考えている。「やや不健康」と「とても不健康」を合わせた「不健康」という回答は12.3%にとどまった。

インターネット調査に回答する会社員という前提条件があるため、そもそも健康に大きな問題のある人が少なくなった可能性はあるが、会社員は概ね自分を健康と考えていることが多いようだ。

世代別に見ると、自分を「不健康」と考える会社員は20代が8.4%、30代が10.7%、40代が14.3%、50代が16.6%と、世代が上がるにつれ多くなった。逆に、「とても健康」とした人は20代が23.5%、30代が17.4%、40代が10.9%、50代が4.9%と、世代が上がるにつれ急激に減少した。

Q. 健康づくりのために日常的にしていることはありますか?(複数回答)

スポーツ・運動 34.6%
健康器具の使用 12.8%
サプリメント・健康食品の摂取 32.5%
バランスの取れた食事 31.2%
十分な睡眠を取る 34.0%
その他 0.4%
特にない 25.5%

健康づくりのために会社員がしていることとしては、「スポーツ・運動」「十分な睡眠を取る」「サプリメント・健康食品の摂取」「バランスの取れた食事」の4つがいずれも30%台前半となった。会社員はさまざまなアプローチから健康づくりに取り組んでいるようだ。

「特にない」とした会社員の割合は、自分を「とても健康」とした人の10.4%、「まあまあ健康」の19.7%、「どちらとも言えない」の38.5%、「やや不健康」の39.5%、「とても不健康」の57.1%であった。健康に自信のある人ほど健康づくりを実践していることがうかがえる。

Q. 健康づくりのために月あたりいくらぐらい使っていますか?

お金は使っていない 24.1%
1,000円未満 11.6%
1,000円〜3,000円未満 21.5%
3,000円〜5,000円未満 15.5%
5,000円〜10,000円未満 10.6%
10,000円〜20,000円未満 8.4%
20,000円〜30,000円未満 1.7%
30,000円〜50,000円未満 1.7%
50,000円以上 2.3%
わからない 2.6%

健康づくりに使うお金は、「使っていない」という人が24.1%で最も多く、これは前問で健康づくりを特にしていないとした人の割合とほぼ同じである。

お金を使わない人を除くと、一番多いのは「1,000円〜3,000円未満」の21.5%であった。5,000円未満の人がほぼ半数という結果になった。月に1万円以上を使うと回答した人の割合は、20代で17.5%、30代で17.0%、40代と50代でそれぞれ10.5%となる。

世代が上がるほど健康に自信がない会社員が多くなる一方で、健康づくりのために使うお金は若い人の方が多いという意外な結果となった。マネーも健康も若いうちから備えておくのが一番ということなのだろうか。

〈あわせて読みたい!〉
自分への投資はしている? 自己採点するなら何点?
コロナ禍にこそ知っておきたい「セルフメディケーション税制」

(三田祐介)

「あなたご自身に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2021年3月
調査対象:全国20〜50代の会社員
有効回答数:462件

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード