インフォグラフィック リタイア後のマネー事情

退職年齢別

老後に必要なお金シミュレーション

TAGS.




定年後の働き方は再雇用だけではない。別の会社に転職したり、フリーランスで働いたり、起業するという手段をとることもできる。働き方次第では60歳までより収入がアップすることもあるかもしれない。

老後に必要なお金は人それぞれで収入や支出によって大きく異なる。今回のシミュレーションはあくまでモデルケースでの算出。人生100年時代といわれ、定年後も長い人生が続くので、余裕のある生活を送り続けるためには、何らかの形でできるだけ長く働き続けたほうが良いといえるだろう。

少子高齢化や労働力不足を背景に、豊富な実務経験や専門性をもったシニア層の需要は増えてきているので、定年後も活躍の場はいろいろとありそうだ。定年前から副業(複業)をして、準備をしておくのもいいかもしれない。

<合わせて読みたい!>
●50代60代必読!『東京フィフティ・アップBOOK』で人生の後半を充実させよう
●長期投資を“一瞬”で疑似体験できる「賢者のポートフォリオ」とは
●「副業」白書2019

その他のコンテンツも見る

みんなが見ている記事から探す

注目キーワード