投資は人を明るくする?

「コロナ後」はやってくる?社会経済はどうなる?

TAGS.


コロナウイルスの影響は長期化しており、2021年8月にはこれまでで最大規模の感染拡大も見られた。他方でワクチンの接種は確実に進み、10月現在では感染者数も落ち着きを見せている。会社員は「コロナ後」の社会と経済をどう予測しているのか、全国の20〜50代の会社員449人を対象に調査した。

Q. 新型コロナウイルスの影響が長期化していますが、2022年ごろの日本社会はどうなっていると思いますか?

流行以前とあまり変わらない日常に戻っていると思う 12.0%
現在と同様のコロナウイルスの影響が続いていると思う 45.4%
コロナウイルスに適応した新しい日常が確立していると思う 29.2%
わからない/あてはまるものはない 13.4%

会社員全体では、2022年ごろも現在と同様のコロナウイルスの影響が続くと考える人が45.4%と半数弱を占めた。コロナに適応した新しい日常(いわゆるニューノーマル)を予期する人も3割近くいる。元の社会に戻ると考える会社員は多くないようだ。

株式などに投資を行っている会社員に限定すると、コロナ以前とあまり変わらない日常に戻っていると考える人が18.2%と、全体よりも6.2ポイント高くなった。投資している人はやや希望的に考える人が多いのかもしれない。

投資を行っておらず興味もない会社員では、「わからない/あてはまるものはない」とした人が33.9%と顕著に多くなった。投資に関心のない層では将来にあまり明確なイメージを持たない傾向があるのだろうか。

Q. 日経平均株価の2021年の始値は2万7575円57銭でしたが、2022年末はどうなっていると思いますか?

(2万7575円より)上がっていると思う 39.4%
(2万7575円より)下がっていると思う 30.5%
わからない 30.1%

続いて、来年末の日経平均株価を予想してもらった。2021年の始値よりも高くなると予想する人が39.4%で最も多く、低くなると予想する人を8.9ポイント上回った。

投資している会社員に限定すると、上昇を予想する人が55.7%と過半数を占めた。投資を行っていないが興味はある会社員では下降を予想する人が44.5%で、上昇を予想する人の36.1%を上回る。先行きに不安を持ってしまう人は投資に興味があっても踏み出せないでいるのかもしれない。

投資に興味のない会社員では「わからない」が61.4%を占めるが、下降を予想する人が22.0%で上昇を予想する人を5.5ポイント上回っており、どちらかと言えば悲観的な傾向にある。

投資を行っており株価の上昇を予想している会社員にその理由を教えてもらった。

【流行以前とあまり変わらない日常に戻っていると思う】
「まだまだ好景気が続きそうだ」(女性、50代)
「少しずつ景気もよくなりコロナも収束に向かっていることを期待しているから」(女性、50代)
「岸田内閣への期待感」(女性、40代)
「ずっと上昇しているから」(男性、20代)
「コロナで消費を控えたお金が株式に回ってきていると感じているため」(男性、30代)
「経済活動が再開されているから」(男性、40代)

【現在と同様のコロナウイルスの影響が続いていると思う】
「アメリカに引っ張られる」(男性、40代)
「新たな金融施策で景気が好転する」(男性、30代)
「今が上がっているのでそのまま維持する」(女性、30代)
「現在の市況から。コロナの影響が低くなっているから」(女性、50代)
「景気が回復してきている気がするから」(女性、20代)
「経済が回っていくから」(女性、20代)
「多少はコロナから回復していると思うため」(男性、20代)
「政権が変わり、今よりはコロナの状況も良くなっていると思うから」(女性、40代)

【コロナウイルスに適応した新しい日常が確立していると思う】
「ワクチンが行き渡って経済の再開に拍車が掛かると予想する」(男性、50代)
「コロナに適応して新しい日常を過ごし始めたら爆発的にお金が動くと思うから」(女性、50代)
「コロナが落ち着いて、経済も活性化されると思う」(女性、50代)
「米国株と比べると、まだまだ日経のPERが低めなので」(男性、20代)
「新政権の期待感が出てくるから」(男性、30代)
「世界的にはインフレが進んでいるから」(男性、30代)
「コロナで設備投資をしていなかった企業が一気にすると思うから」(女性、50代)
「治療薬が出来ていると思うから」(女性、30代)
「今が景気に対する不安の底だと思うので」(男性、40代)

現在のようなコロナウイルスの影響が続くと回答した人でも、経済への悪影響は和らいでいくと考えている人が多いようだ。

コロナウイルスの影響が長期化する中でも、投資を行っている会社員は希望を持って過ごせている傾向にあるのかもしれない。

〈あわせて読みたい!〉
新型コロナウイルスで資産運用に影響は?
「経済再開」でどうなる日本経済:リベンジ消費、滞留する家計マネー、構造変化・・・「コロナ後」を展望するヒントは何か

(三田祐介)

「あなたご自身に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2021年9月
調査対象:全国20〜50代の会社員
有効回答数:449件

設問1※必須
現在、株式等(投信、ETF、REIT等も含む)に投資経験はありますか?
設問2※必須
この記事は参考になりましたか?
記事のご感想などをお寄せください。
(200文字以内)

注目キーワード